リース

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. リース
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Wreathリース

・リースのいろいろ。。。(November 06, 2011)

写真1

過去に作ったリース、たまたまデジタル画像で保存してあったものをアップしてみます。
作ったのに、写真のないリースも記憶には多く、やはり、写真を撮っておかないとダメですね。
上は、枯れ枝にビスケットを付けたリース。

写真2

枝と食べ物のリースシリーズ第二弾は、ハーシーのキスチョコをぐるりと付けたリース。ホワイト×ゴールドで。

写真3

四角い台を作って(オアシスをこの形に切り込んで組み合わせ)そこに実ものやドライフラワーのいろいろを。中央のリボンは、シルクとオーガンジーの2種類のリボンを重ね合わせ色味と質感に変化を持たせた。金色の鈴を付けているので、ドアの開け閉めでチロリンと音がする仕組み。

写真4

クリスタルを付けたハート型。おしゃれ工房の番組用に作ったもの。

写真5

オアシスに生花を挿したリース型はクリスマスのテーブルに。

ワイヤ入りのリボンで好みの形にクネクネすると、花の量は僅かでも華やかな感じになる。
残りの隙間は庭のコニファーの剪定枝。
と、いうことで見た目ほどはお金のかかっていない一見ゴージャスなリース。

しかし、赤はインパクトがあるけれども、少し平凡な印象になるのも否めないかな。

写真6

カフェドイシスのエントランスのために作ったリース。プンゲンストウヒだったか、こうしたコニファー類の枝が乾燥とともにぽろぽろ落ちるので、屋外に飾るなら良いのですが。
時々霧吹きでスプレーしておくと枝の色も少しベター。

写真7

ボタニカのために作ったリース。なるべく簡素に。と、心がけた。

写真8

雑誌撮影用に作った枝とマツボックリ。ゴールドのスプレィで異なる素材を同一色に仕上げた。

写真9

こちらはシルバーに塗装。飾りについているのは大昔ニューヨークで買ったクッキー型。ないしチョコレート型。このシリーズはygs のオフィシャルページ「クリスマスの装飾」にもご紹介しています。どうぞ、こちらをクリックして、目立たない「> 」をクリックしながらクリスマスのディスプレィも見ていただけると嬉しいです。

※この記事は2011年11月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・キラキラを目指して進もう!(November 18, 2011)

写真10

先日、私自身はキラキラよりも、失敗をして落ち込んだり、滅入ったり、努力しているのに思い通りにならずにイライラする事も多く、困ったものなのだけれども、自分の中の救いは、常に常にキラキラする方向を目指していること。と、いうような事を書きましたら、たくさんの方々から、共感のコメントを頂きました。嬉しかったです。
さて、そのキラキラとはちょっと違うかもしれませんが、年末になると視覚的にもキラキラしたものが恋しくなります。しかし、どうして女の人は光るものが好きなのかな? 私も光るもの大好き。
輝きといえばダイアモンドが理想ですが、光る絹の光沢とか、金銀の輝きとか、ガラスの輝きも大好き。

写真11

札幌市の百合が原公園のリース飾り。今日、完成し、壊れないように梱包して、札幌市公園緑化協会さんの方へ送りました。どうか、壊れないで届いて欲しい。仕上げをどうしようか随分迷ったのですが、浅草橋に行き、小さな鈴、百個入りのものを買ってきて、木馬ではフランス製のリボンを購入。

写真12

手持ちのリボンやほかの飾りをいろいろ付けてみたのだけれども、やはりピンとこなくて重い腰をあげて浅草橋へ買いに行った。

写真13

リボンはひとしぼりづつ細いワイヤで留めて、それをいくつも繰り返すとこういう形になります。
カブ君が覗いています。

写真14

もうひとつは、マツボックリのリース、これには細かいたくさんのクリスタルを付けました。
同じくガラスでできた小鳥の飾りはこれまたドイツのクリスマス市で買ったもの。

写真15

透明ラッカーなどでスプレイして、強度や輝きを増そうか、迷いましたが、素朴な仕上がりのままとした。いじり殺しというか、やり過ぎないようにするのも大切なこと。

写真16

先週から私の書斎の入り口にしばらく吊るしてあったのですが、もう今は、北海道へ旅立った。寂しい。今頃、宅急便のトラックの中かな。

2011年。今年は、さまざまな厳しいことが起きたけれども、来年以降は平穏無事に過ごせますように。そして、また、庭もリセットして、気持ちも新たにゼロからのスタート、みたいな気持ちを込めて正円ではなく、このリースは楕円形でゼロの形にしました。

北海道はもう、雪ですって!?北海道にお住まいの方はぜひ、百合が原公園に見に行ってくださいね。
たっくさんのリースに出会えると思います。

※この記事は2011年11月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。