キンギョソウ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. キンギョソウ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

キンギョソウキンギョソウ

・剪定開始!写真も撮ろう(May 29, 2014)

写真

だんだん、暑くなってきましたね〜。バラが咲き始め、そして散り始める頃、ヤブ蚊も出て来る。もう食われましたか〜? 私もすでに。

これからが、ちょっと正念場ですね。ただ気持ちがいいだけのガーデニングではなくなってきますね。でも、早朝は最高!

そして、やるべき事が、いっぱい!例えばの話、見るべき花もまだたくさんです!今日が満開の花なども、たくさんありますよね。とにかく、写真を撮っておく。これが、数年後にも良いリファレンスになります。.

写真

今年は、ペチュニアの撮影もあって数十もの寄せ植えを作っているので、その花殻摘みだけでも、大変です。でも、それは今の時期、本当にきれいに咲いてくれるので、満足度も高いです。毎度、講座でお話しますけれども、肥料多め。これが多花性の一年草のポイントです。質の良い肥料に限りますが。先日、その余った苗を、ルーフガーデンにも植えました。よく根を張るように発根促進剤に浸けてから。

写真

もう来週は終わってるかも、みたいな。ただ今、私のルーフガーデンでは、セアノサス(カリフォルニア・ライラック)が満開です。

写真

でも、デザイン上の理想よりも、樹高が高くなってきたので、今年は、花が終わり次第、ばっさりと剪定をしなくては....。思っても、それを、忘れないようにしないと...忘れる。

今の時期、花の盛りの直後に切り戻すと、いいこといろいろ、植物にはありますね。ネメシアのような、猛暑以外の常温で次から次へと花芽をつける植物は、もう一度開花のチャンスを与えることにもなりますし。

写真

上の写真はままつフラワーパーク。このたび、はままつ花博は、入場者数が90万人になったそうです!本当に、嬉しいことです。花を見ようと、人が出かけてくれること...。嬉しいです。来週、6月5、6日でまた、はままつフラワーパークです。今期最後の作業です。

写真

キンギョソウは、花の頂点の咲ききってしまう前が美しい。頂点近くまで咲いたら、これも切り戻し。わき芽の花が楽しめる可能性大。

カンパニュラ'涼姫’も丁度良い咲きっぷり。これが1週間遅くても、見応えが違ってきます。その時しかない。と、いうところに価値があります。

でも、そこがわかってないと、その本当の価値が見えてこないのでは?「今日はラッキーだった」花得しちゃった。そんな風に思えたら幸せです。

写真

アリウム・ギガンチュームは、ピーク終わったでしょうか?写真は10日近く前のもの。

写真

この写真はデーヴィッド・オースチンさんの庭。アリウムは、このままドライになる。ドライの姿が美しいけれども、関東以西では、梅雨で真っ黒になって溶けてしまう。イギリスでみるようなドライは難しい。

写真

先日、箱根星の王子さまミュージアムに植えたのは、ガイラルディアの開花株。ガイラルディアのように、ひと夏ずっと咲いてくれる花は、あまり一瞬の美というのはないけれども、その分安心です。

花と対峙していて、いつも、思います。時期は今だけ。今、だから出来る事を、出来るだけ。しておこうと。花を見ること。意味も価値も多いにあると思います。花は、人を癒す存在だから。

※この記事は2014年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・5月のはままつフラワーパークにて(May 19, 2015)

写真

去年の1月からスタートして、また、去年の秋には、宿根草を補植したはままつフラワーパークのダブルボーダー(スマイルガーデン)が、また何番目かの見頃を迎えています。このエリアの管理で、私の意図をしっかり受け取って的確に管理してくれている森田さんから今日も写真が届きました。

藤の花がすっかり終り、葉がすっごく茂っています。

写真

以前ご紹介したときは、藤の花が盛りでした。そう思うと、キンギョソウはずっと長く咲いてくれています。

写真

外で育てる限り、ジギタリスは、結構しっかりまっすぐ立ち上がる。穂先が曲がるには原因があって、日当たりや水はけに問題あり。

写真

今年のアリウム・ギガンチュームは小さいとウワサですが、去年大きくしすぎたので、反省して肥料を控えた。

写真

アリウムと、白く咲いているのは、アキレア。大きくなりすぎと評判の。

それこそ、上のアリウムの写真と同じに、特に、私好みの花を植えたエリア。

写真

ようやく、去年の秋に植えた、あれっ。去年の秋に植えたんだか?確か。
ジギタリス‘イルミネーション’が咲いてきました。1〜2年草のジギタリス・プルプレアと違って、ハイブリッドのイルミネーションは、宿根草なので、本気でしっかり水はけの良い場所で美しく咲くように一生懸命でしたが、本格的な株は、来年か。背後で元気なリナリア・プルプレアはもとより、右横で元気なエリンジウムは、生長が進むと、青紫色からグリーンになる。これも、魅力的な色変化です。上記すべては、フラワーパークの森田さんの写真でした。腕が上がった〜。そうです。ガーデナーは、写真のセンスも磨かないとね。

はままつフラワーパークには、来週、27日に夏向きの花花壇に向けて、補植に行きます。

写真

ちょうど はままつフラワーパークは、菖蒲園の美しい時期でしょうか。写真は去年の様子です。

※この記事は2015年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。