ヒマワリ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ヒマワリ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

sunflowerヒマワリ

・7月 星の王子さまミュージアム(July 23, 2011)

写真

7月22日の公開ガーデンワークにお越しくださった皆様、ありがとうございました。お天気にも恵まれ good day でした。ホリホックも植え付けから2年目、初の開花で華やかな庭となり、開花のタイミングはかなりgood day だったかと。

写真

ユーコミス(パイナップルリリー/写真右下銅葉の植物)の耐寒性の強さも目を見張る。私が自分で種まきから育てたジニア(150円の平凡なミックス種)の花色の美しさ!今年の夏は小さなことにたくさんの感動がありました。

写真

本来、沼地をベースとしたこの土地の個性を把握するのに、かなりの時間がかかっていますが、うまく育つ植物と育たない植物があることは、頭で理解するより、体験することがなによりとも、思います。ひとことで「プランツエコロジー」といっても、なかなか。

写真

ベスチャトーさんの本の中で、見つけたいくつかのヒント、湿地の庭に向く植物として、なんと、ルドベキアがありました。私の乾燥ぎみなルーフガーデンではまったくうまく育たなかったルドベキアとエキナセアが、ここではうまく育っています。その違いを知るだけでも大きな感動。というか、その命のエネルギーに胸がいっぱいになります。

写真

たねまきから始まった「ひまわり」プロジェクトも徐々に進んでいます!今も開花が始まって、この花の魅力にぞっこん。夏はやっぱり、ひまわり!

写真

ブルーのアガパンサスと黄色のプリペットの組み合わせも好き。植物が映えるために背景のフォリッジを何色、どんなフォルムにするか、これは本当に大事な課題です。

反省点はきりなくあるのですが、だからこそ「次はこうしたい!」という希望も膨らみます。

※この記事は2011年7月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・夏真っ盛り(August 03, 2016)

写真

夏本番中ですね。緑の多い場所では、ありとあらゆる蝉が鳴いています。

写真

空の青さ、そして

写真ひまわり。夏らしさ〜!

現在造成中の、私がデザインしている新しい庭の経過 (来春プレ完成。平成30年に最終完成予定)を見るために

写真

炎天下。夏真っ盛りの群馬県中之条町、「花の駅美野原」の工事現場です。

午後3時ころまでは強い日差しの中でした。

熱中症の心配があるので、水分補給のことは常に気持ちにあるのですが。

なかなか。厳しいこの時期の作業。

写真

突然ゴロゴロゴロ〜。空に轟く雷鳴。

ゲリラ豪雨。日本中、不安定でしたね。
先日の豪雨でも、造成中の土が流れて排水管が詰まってしまったとのこと。

写真

作業中なので、ここで豪雨がくると。

どうにもならないので、心配ごとだらけですが。

そんなときに怒られそうですが、根の張り方をじっくり観察しました。

切れてしまった根も多いのですが、株の大きさに対し、根の張り方を確認しつつ、こういう場合の肥料の位置や、中耕する加減や具合など。この感じがビジョンにあると、植えつけたり、耕しの際にもどうするとよくなるか。イメージしやすいですよね。

写真

今まで春の庭を担当していた花の駅の「パレットガーデン」。上の写真は、昨日の様子で。下の写真は春の様子。春までの植栽は、私が担当し、5月以降は、中之条町花の会の皆様の植栽で。今後は基本的に花の会の皆さまの植栽で。

とにかくこの広さですので、管理も大変です。手のかからない宿根草でグラウンドを埋めていくのが目下の目標ですが、隙間は一年草である程度の色を保ちながら、管理が楽で見た目が良い。というのをずっと模索しています。

写真

春の花には寒色系の花が多いのですが、夏に強い花には赤や黄色など暖色が多いですね。
私は意識して涼しい色を選んで寄せ植えを作ろうと思うのですが、やっぱり、暖色のパワーには勝てません。

写真

ひまわり、美しい! 中之条町「花の駅 美野原」町民花壇にて。

写真

最近は分岐をよくして花付きの良いひまわりが増えました。これだと突然の強い雨にも倒れないのでいいですね。

写真

きれいだなあ〜。そうやって花を眺める。花と対峙するなかで。目が癒されます。

写真

それから、この敷地内にある和風喫茶 山野草さんも私たちのオアシスです。今の時期はここでココナッツカレー。余裕があれば抹茶アイスあんみつ。豆を挽いてくれるコーヒーも最高です。

こうして部分部分にいいものあり。ですが、この敷地全体の庭の景色は、まだまだ問題多く、簡単には思った通りにいかないけれども、「とにかく良くしよう!」の思いで、これから3年ほど通うことになりそうです。帰りの道でまた豪雨に会い。(自分で車を運転中の高速道路)自然の強烈さと折り合いをつけながら、庭を美しくしていくのは至難の技。根気よくいくほかなし。ですね。

※この記事は2016年8月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。