梅雨

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. 梅雨
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Rainy season梅雨

・梅雨の庭〜PART1・梅雨入りでアジサイが俄然元気〜( June 17, 2009 )

0617_窓から

梅雨空に、ほっとする一方、(水やりだけで1時間以上はとられてしまう、工事用養生植物の手間が!)
仕事がますます忙しくなりパニック寸前です。

実際の、本当の楽しみでもある、自分の庭の植物との付き合いが難しくなるのが、5月以降の現実であり、人生に大切なのはバランスですよね。

なので、これから秋までは、ローメンテナンスで美しい花が私の味方です。(いえ、敵がいるわけではないけれど、しいていえば雑草か。今年はヤブガラシが発生。マメに抜いてます)

特にアジサイは、この時期、まったく何もしてあげられないのに、美しく咲く花が愛おしいです。

.

0617_オウゴンバアジサイ

写真は今朝の私の北の庭に咲く、オウゴンバ・アジサイ。
わが家に来て、もう10年目の古株。こんなに美しい品種なのに、あまり市場で見かけない。初夏の直射日光で葉が痛むので紆余曲折の結果、家の真北に植わっています。

0617_オウゴンバアジサイ光

暗い北の庭でも、オウゴンバ・アジサイを植えたところは、そこだけ光が当たったように見えます。これもラディアント・ゴールドな植物です。しかし、春先に厳しく剪定したのに、今はもうジャングル。
梅雨の間に、これらの植物を半分に刈り込まなければ!

※この記事は2009年6月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・梅雨の庭〜PART2〜( June 19, 2009 )

ホワイトガーデン

先日に引き続き、梅雨のアジサイコレクション。

こちらはホワイトガーデンのイメージで。アジサイ・レモンウエーブとアナベル。ここも約半分に剪定しないと!
西日しか当たらない、北の庭ですが、アナベルは優秀です。
アナベルは、アジサイといわれているけれど、本当はアメリカ・ノリウツギ。
ノリウツギの仲間は皆、半日陰でもよく花を付けます。
アジサイだって、日向の方が花付きはよく
このアナベルも同じですが、
剪定時期は遅くても花をつけるのが嬉しいです。
今年も春先に強剪定したのですが、この通り。

レモンウェーブ

レモンウエーブは、葉の美しさに対し、花は地味なガクアジサイ。
支柱をし、もう少し樹形を立て直し、片付いて見えるようにしたいのですが。
また、発芽時に霜に当たったり、厳しい直射日光で葉が痛んだ時は丁寧に取り除くと、ずっと綺麗になる。手が入ると植物は常に良くなりますね。
そこが嬉しいポイントなので、それができないとストレスに。

カシワバアジサイ変り種

カシワバアジサイの変わりダネ、花が重く垂れるのが難点。
リュウキンみたいな花が咲くので、切り花にして部屋に飾ります。
水揚げを確実にするために、枝を縦に裂いてアレンジ。一輪でもすごいボリュームです。

キミキフーガ

諦めかけていた、我が家の宿根草のキミキフーガに今年花がつきました。銅葉のフォリッジに白花。イギリスの庭ではおなじみですが、関東の気温では夏越しが難しかったのです。
夏は風通しの良い半日陰で、活力剤などをあたえつつ半分放置、時々観察。自由が丘の現場にも、6株ほど、植えています。
7月上旬のオープン頃に咲きそうです。

自由が丘の現場の話はまた後ほど・・・。

ブラックマジック

ピンクジャイアント

今年の2月にイギリスに行った際、購入してきたユリの球根が咲きました。バラショーで咲かせようと、さまざまな工夫をしたのですが結局、6月の開花。左は、ブラックマジック、右がピンクジャイアント。
わが家では、8鉢ほどのユリをポット(6号ポット)で育てきれいな時期に目立つ場所に移動し、花が終わるとバックヤードみたいな場所に移動。夏以降は乾かし気味(といってもほとんど放置上状態)で、毎年咲くのが好き。

※この記事は2009年6月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。



pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。