バラ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. バラ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Rose Iバラ

・第13回 国際バラとガーデニングショウ(February 24, 2011)

BlogPaint

いよいよ春も目前。今年も5月11日から始まる国際バラとガーデニングショウのデザインがほぼ確定し、植物の注文も着々と進行中です。

今年のメインテーマは「印象派の庭」。カラースキームは、虹の色、光のプリズムで反射する虹の発色を基本に、色彩溢れる花の庭を、どのように魅せるか。私としては、印象派のテーマは、常に私の庭の構成上存在するテーマですので、印象派の絵画は私の絵画的庭の構成法の基本でもあるのですが、外光派とも言われた印象派の絵画には、特に「光と風」が重要だとも思っています。当然、健康的に庭の植物を育てるにも適度な風と太陽が大切。

IMG_3923

ちなみに、箱根より気温の高い我が家で咲き過ぎの心配のあるちょっと珍しいパンジー類、箱根への移動計画をしています。
また、ビズの特集用に7点、園芸ガイドに7点、ミセス誌に3点、セキスイハイムのハーモネート誌、そのほかの雑誌のために作った5点ほどの寄せ植え(全部で一体いくつ作ったのか!凄すぎます)、コンディションのよいものは、少し仕立て直して4月27日の星の王子さまミュージアムの公開ガーデニングワークに持参して、今後も飾っていくつもりです。東京よりも気温が低いのでさらに長く花が楽しめるはずなので。写真は”横浜パンジー”。凄い多花性のパンジーで、今わんさかです。追肥も欠かさず入れていますが、箱根に嫁いで、ゴールデンウィークまで持ってくれますように。

※この記事は2011年2月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・第13回国際バラとガーデニングショウ準備開幕!(March 8, 2011)

IMG_2127

なんと、一年の経つのが早いことか。今年のコクバラが始まった。と、感慨にふけるヒマもなく、突入。

今回はこれまでの日々に、他の仕事の山場があまりにも複雑に入り込み、スタッフへの気配りも配慮もまったくできなかった。なのですみません。

今日になって予定の変更や突然何かをいわれる私の周囲の人々には申し訳なく、これまたすみません。

写真は、目も眩むような黄色カシワバアジサイ。毎年登場してるやつ。

IMG_2129

本日、養樹園さんの圃場に行って「これと、これと、これお願いします」と、ほとんどあまり考えずに、良いと思われた樹木灌木を選び、トラックへ。
昔みたいに、ずっと前に決めたりしなくなっていて、当日の約1時間くらいの間で選択。

すごいアドリブである。自分でも不安です。今年は花が遅い。

バラもクレマチスも温室じゃないのは遅い。

IMG_2130

ピオニーも咲かない。あれもこれも咲かない。逆に普段は終わっているのが使える。微妙で難しい開花調整。

かわいいライラック入手。

暖地でも夏越しするタイプだ。

さて!ブログの編集には時間がかかるので、今日はこれにて失礼します。明日はまた6時起きで準備。

我が家の養生分をトラックで出荷。乞うご期待!

※この記事は2011年3月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。

BlogPaint



pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。