パンジー

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. パンジー
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Pansyパンジー

・冬は、寄せ植えの季節? (December 06, 2012)

冬が近づいて、園芸店には、さまざまなパンジーやプリムラの新種がでていますね。種類があるほど、探すのが楽しみです。このところ、来年発売予定の園芸ガイドの記事をまとめていたので、園芸ガイド編集長やライターのMさんと長いミーティング。昨日は寄せ植えに気持ちが集中していました。

写真2

もちろんほかにも、数日前のたまがわのリース作り準備、新たなデザインワーク、来年のバラとガーデニングショウのパース制作、福島の庭のパース制作、まだ完成しないけれども、ほかにも数種類、雑誌の原稿、契約のいろいろ処理ほか、やまほどの仕事を抱えつつ、昨日初めてアメリカのビザ、ESTAをウェブで入手、なんてわかりにくく面倒なのか!と私は思いましたが、やったことのある方はどう思いましたか?特に家族の分までまとめて申告するのがうまくいかず、3時間ほどかかってしまった。参った!実は風邪もひいていて頭脳不明晰。ブログに向かえませんでした。リース教室の時はまだ熱があったので、本領発揮ができたかどうか心配でしたが。気合いだけ入れて頑張りました。

さて、寄せ植え。夏と冬では、その「やり方」が違いますね。夏は、ペチュニアやコリウスに代表される「生育旺盛な植物」が主役、なるべくゆったりと品種少なめに寄せ植え、あるいは単植したほうが、生育条件上、好ましいと思います。どんどん大きくなる傾向があるので、ゆったりの根張りスペースが欲しいし、そのほうが長く美しく楽しめるからです。

写真2

でも、冬の植物は、冬の間、それほど旺盛に根を張ることがないし、水やりの手間を考えても、また、風通しの必要もないので(むしろ北風避けが欲しいくらいですから)好きな品種をみっちりと寄せ植えして楽しむことが出来ます。(⬇ 園芸ガイドの特集ページのために作った冬の花の寄せ植え)

写真2

それにしても、パンジーの顔って、とても個性的ですよね。
最近は、イタリアのファーメン社のムーランや横浜パンジーほか、フリル入りのパンジーなどは、個体差があって、そのなかから好きな顔色を選ぶのが楽しみです。もちろん、その後そうしたパンジーは育つにつれて変化することもあるので、春が来た時、思ったのと違う結果がでることもあり、でも、それも楽しみだと思ったらよいかと思います。

寒冷地のガーデナーはすでに庭が雪に覆われてしまったかもしれないのですが、関東以西のガーデナーはむしろこれからの方が、いろいろな寄せ植えが楽しめる時期です。庭にはヤブ蚊もいないし、安心して花を楽しめますしね。本来は、寄せ植えを作るには11月ころのまだ温度のあるうちが良いのですが、年末に向けて市場には、いろいろな植物が出回ります。芽出しの素敵なアネモネとかね。素敵な花と少しでも過ごせる暮らし。だけは、キープしたいと思っています。

写真2

明日は、箱根、星の王子さまミュージアムにて今年最後の公開ワーク。中央道でのトンネル崩落事故はショックでしたがその、いつも通り、中央道を走って富士山経由で箱根に行きます。チェーンを車に積むのを忘れないようにと!今、ミュージアムはクリスマス飾りがロマンティックです!

※この記事は2012年12月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・11月のたまがわガーデニングクラブ講座(October 11, 2013)

写真5

今日は、30度以上も気温があったのに、出荷されたばかりのパンジーがお店にずらりとお店に並んでいました。(上の写真は、私の作った寄せ植えの早春の状態です。フリルパンジーは花殻が醜くならないので好きです)
下の写真は今日撮ったもの。

さて、いよいよ、今年最後の講座のお知らせ!

写真6

実は、今までも何度か、お話を頂いていた「寄せ植え講座」の講師の依頼。これは、受講する生徒さん全員に、まったく同じ種類の材料を調えつつ、思い通りのものを作ることが難しくて。

今までも思った通りに花材が手に入りにくかったことなどがあり、それでいて、告知は半年ほど前から始まるというので、写真もなくてはいけない。この材料でこういう講座。というシステムを作ること自体が非常に難しかったので、
ここ数年はそうした依頼をお断りすることが多かったのでした。
たとえば、下の写真。半年後に同じものを用意するのは、出来るかどうか、バクチです。

写真7

それと、やってみて面白い満足度のある、価値のある体験、金額に見合った内容になるか。
それらを総合的に見て、きっちりと納めるのは、かなり難しくて。

写真8

自分で、その時期に、たまたま手に入る材料で、一点だけの作品を作るのは、わけないのですが、30人全員分を予算内で。というのは、いやもう!その準備だけでも大変!というのは、各地で講座をされている方なら十分にご存じでしょう。

というわけで、

写真9

私のオーガナイズによる「寄せ植え講座」としては、最後の講座とさせていただく「寄せ植え講座」を、11月19日(火)に開催します。

内容は、「球根花の寄せ植え」丈夫で、麗しい、春から初夏咲きのちょっと珍しい球根を、私のとっておき究極肥料とその使い方をご紹介しながら、おすすめ培養土を使って作る寄せ植え、脇役の草花(花もの+草もの)もただ今仕込み中です。

下の写真は、今年のバラとガーデニングショウで、私がオードリーヘップバーンの愛した庭を作ったときに人気のあったディケロステンマ(白)と、イキシア(ピンク)ですが、

写真9

実際に今、入荷できて

使用する球根は、以下の通り。もう少し、リクエストは出して押したいのですが、予算のこともあるので、カラースキームはブルーを中心に、春の色で。

アネモネ フルゲンス(混合)球×5球
ディケロステンマ(紫)球 ×5球
トリテレイア ルディー(白青ストライプ)球×5球
トリテレイア クィーンフォビオラ 球×5球
アイフェイオン ジェシー(濃青)球×10球
ムスカリ タッチオブスノー(紫上白)球 (岐阜種苗オリジナル品種×5球
スイセン ハウエラ(黄花ミニタイプ)球×5球
 

お席には、まだ若干の余裕がありますので、ご興味のある方は、たまがわガーデニングクラブの方へお問い合わせ下さい。
よろしくお願いいたします。

※この記事は2013年10月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。