ピンクッション

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ピンクッション
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Pincushionピンクッション

・プリティ・ピンクッション(February 08, 2011)

写真1

実は、この針やまは、私の作品ではありません。この正月に、海外のクラフト作品をネットで探し、たまたま見つけたアメリカの作家もの。お値段は、ひとつで、12ドル。¥1000-ちょっとくらいだったでしょうか。3つほどをワン・クリックで買ったら、なんと4日後に到着。すごい時代なのであります。送料も安かったし、早くて確実だったので嬉しかったことです。ネットで彼女の作品を見つけたときは、この作品の写真そのものが可愛かったことにインスパイアされ、まさに、こんな感じだったので、わが家にあったプリティ系の包装紙をセッティングして、写真を撮ったというわけです。このところ、手芸の仕事と縁が深く針やまが毎日大活躍。

写真2

これまで、私自身もお手製の針やまを何点か作っていますが、これには負けた。

でも「針やま」って、機能性もありながら、装飾性の点でも、手芸家の心意気の見せどころといえます。

やりがいのある世界。こうしてブログの方法があるわけだから、手芸の発表の場もどんどん増えています。

眺めて楽しい針やまがもっと増えても良いのでは?

この作者はアメリカのBETHさん。自分の知りたいことを英語でインプットすると、たちまち世界じゅうの情報が入る今の時代って、本当に凄い時代だと思います。

※この記事は2011年2月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・プリティ・ピンクッション2(February 12, 2011)

写真3

クラフトの話題の方が盛上がるのは、まだ、外が寒いからですよね。
きっと。 先日アップしたプリティピンクッションが好評なので、追加アップすることにしました。ESTYというアメリカのハンドメイド中心のサイトで見つけたものです。私、ふくろうが大好きで、ふくろうキャラクターを見るとついついとなります。友人へのプレゼントと思って注文した小鳥ちゃん。こんなふうにパッケージされて送られていました。

写真4

写真5

ちょっと写真だけ撮らせてもらって、パッケージしなおししたものです。

これらのかわいいペーパーは、浅草橋のEAST SIDE TOKYO で購入。

プリティな模様は今はやりのスクラッパー(スクラップブックを作る人々)の必需品ですね。

私も結構なスクラッパーでしたので、近々に20年以上も前の作品をアップしたいと思っております。

世界じゅうの印刷物、旅の思い出をスクラップしておりました。ではまた!

写真6

※この記事は2011年2月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。