プロヴァンス

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. プロヴァンス
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

PROVENCEプロヴァンス

・PROVENCE(July 08, 2009)

プロヴァンス

「吉谷桂子と行く南仏アートとラベンダーの旅/7月1日〜10日」参加メンバー10名と共に、最初の目的地ニースへ。
飛行機のトランジットの関係で東京の自宅を出てからホテルに着くまで、ゆうに24時間が経過。疲労困憊でしたが翌朝、目覚めれば快晴の南仏、この空気にすっかり癒され全員元気全開の様子。ツアーガイドはムッシュ・テツ。
私を含めて11人のマダムをまとめるのは大変でしょうね!

アガパンサス

ま、それはさておき、直径20センチ以上はありそうなアガパンサスが植えられたニース中心地の花壇横の芝生は路面電車の線路!プロバヴァンス独特の花市場を見た後、念願のシャガール美術館へ。

シャガール美術館外観

オリーブの樹型と、糸杉のシルエット。コンポジションが美しい美術館の庭。

シャガール館内

館内も撮影できたので、少しご紹介。ここでは何十枚も写真を撮ってしまったけれど、説明的に数枚を。実は、以前ここに来たのは、1982年の冬でした。
あれから27年が経って、20代だった私よりも50代の私のほうがシャガールの絵に癒され、心が豊かに満たされる。
あ〜、年をとるほど、感性は、磨きがかかり
良いものがわかるようになるものに違いありません。

ノアの箱船

これは、ノアの方舟(1961~1966)の一部。私の好きなディテール。動物たちが助かって「ホッ」とした瞬間を描いています。
シャガールの、すべての絵に共通する「愛」の表現に心が満たされる。画家になりたかった私。今は庭で「絵を描くこと」を生業にしていますが私も人々が眺めて癒される景色を作りたい。

色彩

花の庭づくりでは、色彩が、大切な要素。
シャガールほか、20世紀の美術には光と陰のコンポジションや画面構成のリズム感など>直接使えるヒントがいっぱい詰まっています。でも、そんな説明的なことは、一切吹き飛ばしたいほど作品は偉大です。
作品の持つ魅力、画家の筆致に秘められた霊感に説明のつかない「心が満たされる」瞬間が......。
癒されるなんてものではなく、満たされる感覚は、癒されるのまた上では?

ああここは南仏

ああ、ここは、南仏。

ジニア

プロヴァンスの街や村のあちらこちらで咲く花たち30度以上の気温で元気に咲き続ける品種にヒントをもらいます。ジニアは、私も大好きですが若干、湿気が苦手かも?

※この記事は2009年7月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・PROVENCE 〜PART2〜(July 10, 2009)

ラベンダー

7月3日、ようやくラベンダーの世界に到着!
フランスのゴッドマザー、マルグリットさんの畑でラベンダー摘み。この「思い出」が、どんなに、精神的、肉体的な疲労に追いつめられても生きていく糧となりますマルグリットの畑で摘んだラベンダーを手に、太陽に BISES!

服の色はパステル

メンバーは、私の希望に答え、皆さま、美しいパステル色のお洋服で参加してくれました!服の色彩が環境にあっているだけでこんなに楽しい!
皆さんとても素敵よ!

宴会?

シャトー・ル・ギャベルのダイニングでマルグリットの手料理に舌鼓のメンバー。
このあとは「飲めや歌えや」文字通りの世界へ。

染色ミュージアム1

染色ミュージアムにて。植物の有用性にあらためて気付く。ここの庭に降り注ぐ太陽の強さに熱中症寸前の私たちに対し、植物たちの元気なこと!ああ、プランツエコロジー!

染色ミュージアム2

レ・ジャルダン・ド・ヴァル・ジョアニ

フランスで、2008年「今年の庭」に選ばれた 「レ・ジャルダン・ド・ヴァル・ジョアニ」へ。モダンな整形式のスタイルが美しい。モダンスタイルのステレオタイプに収まらず、随所に個性も感じます。私がもっとも感心したのは、古いスモークツリー。

スモークツリー

スモークツリーは、南仏の原生植物です。森でも発見。樹型をきれいに刈り込んで素敵です。スモークツリーは、マメに刈り込み、好きな形にするのがポイント。
樹型を楽しむこともできる木だったんですね。
カッコをつけている私はフランスで最も美しい村に選ばれているルールマランのブティックで購入したお洋服で訪問。

※この記事は2009年7月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。



pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。