ラベンダー

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ラベンダー
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Lavenderラベンダー

・P R O V E N C E 〜PART4〜(July 15, 2009)

ラバンディンを刈る

マルグリットと一緒にラバンディンを刈るEさん。5年前、この地に来たときと決定的に違う感じがしたのは、ラベンダーのパワーです。植物単独のサイズも小さいし、全体の耕地面積も圧倒的に少なく感じ、香りもどことなくパンチに欠けています。
というのも、ここ数年の高温で、標高900m前後のマルグリットの畑でも、真性ラベンダーの90%が病気になってしまったそうなんです。温暖化の影響がこんなところにも!?と、暗澹たる気持ち。

刈らしてもらったラヴァンディン

それで、今回私たちが刈らしてもらったのは、ラヴァンディン。
以前は真性ラベンダーの畑がどこまでも続いていたのに、香りはいいけれども、効能はファインラベンダーより弱く、しかも、株もまだ小さかった。マルグリットも以前みたいに「好きなだけ摘んで!」とは、いわなかった。そうよね。500ヘクタールの畑の90%ものラベンダーがダメになったのだから。それでも、遠慮がちに刈らしてもらいました…。

シャトーラガベル

マルグリットのシャトーラガベルの周囲がすべてラベンダー色に染まるのはあと6年後とか。温暖化対策で熱さに強いラベンダーを現在試験的に育成中。ラベンダーも連作ができないので、今しばらくは牧草地に。

シャガール館内

でも、お店で買うのは、自由! とばかりに、3株で6ユーロの真性ラベンダーを購入!すごくいい香りです。ラベンダー街道の起点、SAULT(ソー)の村にて。

http://www.saultenprovence.com

苗を部屋に干しておきます

買った苗と、自分で刈り取った苗を部屋に干しておきます。窓の外はティユール(菩提樹)の大木。窓からの風には、ラベンダーとティユールの香り。ここでは、不眠症の私も毎晩爆睡です。夜、窓の外でティユールの葉がさわさわとささやく音を聞いているうちに、ふかーい眠りに入っていきます。

さまざまな宿根草

毎朝、5時ころにはおきて、朝はひとりで無限に広がる畑の花摘みへ。
ヤロウ、レースフラワー、スカビオサ、ルリタマアザミ、バーバスカムなど、さまざまな宿根草、ハーブが牧草地に咲いています。

ああここは南仏

プロバンスでは、野菜料理が最高においしい。このとき、私はトマトのファルシが食べたかったのですがランチで寄ったルールマランはメロンの産地。名産の生ハムとシャンパンでご機嫌モードに突入です。
夏のプロヴァンスは、昼はなにもせずに、日陰で冷たく冷やした飲み物を飲んで、ぼーっとしているのが最高に幸せな時間です。

イルシュルラソルグ

L’lsle−sur−la−Sorgue(イルシュルラソルグ)のマルシェへ。この街は、趣味の良いアンティークの店が集まることでも知られています。
このラベンダーの屋台は、オーナーが自分で作った作品を売っています。
形がきれいだったので、私もひとつ購入。

ハーブクラフトの数々

作り手によって、形やデザインが微妙に異なるのが、楽しいハーブクラフトの数々。

※この記事は2009年7月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・P R O V E N C E 〜PART5〜(July 17, 2009)

P R O V E N C E プロヴァンス 五感の喜び
ジョーヌ 黄色大好きに!

ラベンダー祭り

7月5日(日)マルグリットに連れて行ってもらったのは、地元フェラシエールのラベンダー祭り。小さな村のお祭りですが、たくさんのマルシェが集まり、盛り上がっていました。

地元の人々

こういう小さな村のお祭りは、地元の人々がほとんどで、外人は自分たちだけかも?といった無垢な感じがいい感じ。真ん中の小さな女の子は、
私の幼なじみ(プロヴァンス在住)美花ちゃんのお嬢さん。
今回、偶然出会えて、もう本当にびっくり!
右端がマルグリット、あとは今回のメンバーと、
プロヴァンス衣装の地元の皆さん。

そこに指を入れてごらんよ

「そこに指を入れてごらんよ」と地元のおじさん。素朴なラベンダーの蒸留装置に溜まったエッセンスに指を入れているのは私。蒸留装置からは湯気がでていましたが、
「あらまあ!熱くないのね?」(こんなところに指なんか入れていいの?)濃厚でシャープなラベンダーの香りがいつまでも指にからんでいました。

http://www.avignon-et-provence.com/pays/26-drome/montbrun/gb/feteLavande.htm

ラ・ギャベル

マルグリットの畑で最後の写真撮影!さよなら「ラ・ギャベル」LE CHATEAU DE LA GABELLE
http://www.chateau-la-gabelle.com/

やはりここへは個人旅行でくるのがおすすめ。TGVのアヴィニュンから車で1時間。昨日のマルシェで買ったつば広帽子で(20ユーロ!/2800円)

ラベンダーの畑

さて、ラベンダーのプロヴァンスもこの日が最後。最後にバスでラベンダーの畑めぐりのドライブ。明日の夜はパリ。でも、プロヴァンスからパリに向かうのは、いつも、とても憂鬱。パリは素敵な街だけれども…。
プロヴァンスの特別にのんびりした感じと別れ喧噪のパリへ。そしてTGV車内は段差があり、30キロ近い荷物を持って列車に乗るのが、本当にひと苦労です。
パリ、リヨン駅のゴタゴタも嫌い…。ああ、でも今回はツアーなので、バスのお迎えのあるのがうれしい。個人で来るとタクシーの奪い合いでまた疲れるんです。

朝日のゴルド村

TGVの駅、アルルに向かう前に立ち寄ってもらった鷹巣村、ゴルド。美しい!やはり、プロヴァンスに来たらこの鷹巣村を堪能しないとね。来た気がしません。私が一番好きなのはボニュー村の夕日。これは、朝日のゴルド村。

ラベンダー博物

さらについでに寄ったラベンダー博物館。行く先々で購入するのが「ファインラベンダー」の精油。お風呂に4〜5滴、寝る前に手首に一滴と、疲れたときにこめかみに1滴すり込む。いくらあっても足りないのだけれど、この真性ラベンダーの精油は小さな瓶で400〜700円程度。おみやげにも最適です。繰り返し購入し忙しい日本の暮らしに備えます。

ひまわりの畑

車中、よくひまわりの畑を見つけたけれど、何度も繰り返し眺めるうちに、だれも騒がなくなり…。でも素敵!ジョーヌジョーヌ!と心のなかでは黄色が大ブーム。

LE CAFE LA VAN GOGH

アルルでは、ゴッホの星空のカフェの舞台となったLE CAFE LA NUIT で昼食

ゴッホ

ゴッホの絵

ゴッホの絵にでてくる黄色は光の黄色。絵画的な花の庭でも、光の色彩を表す上で、黄色の花が欠かせないことをゴッホの絵から学びました。
それも15年ほど前のこと。
今、やっとこの地にいる喜び!

TGVのビュッフェ

無事、列車に乗れた。
移動の途中、TGVのビュッフェへ。エスプレッソ、とても美味しかった。こういうとき、私はひとりになるのが好き。
仲間と楽しくしていると、他の世界が見えなくなるから。

※この記事は2009年7月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。