インパチェンス

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ノリウツギ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Hydrangea paniculataノリウツギ

・遅い夏と一足早い秋@星の王子さまミュージアム(September 12, 2014)

写真

写真は昨日、9月11日の様子です。先月8月に星の王子さまミュージアムを訪ねたときは、サルスベリの花が咲いておらず、どうしたことかと心配になっていたのですが、なんと、9月になってやっと咲き始めました。この夏、箱根は雨が多く気温も低かったので、夏の花が開花しにくかったのですね。ようやく咲きましたが、周囲はもう秋です。

写真

冷涼な気温で美しく赤くなるのは、ノリウツギ。最初は白かったものが徐々に赤みを増し、複雑な色調い惹かれます。

写真

こちらは、アジサイですが、このまま部屋に飾りたいような。押し花にしてもよさそうです。

写真

褪せた色調も素敵な、こちらもアジサイ。

写真

こぼれ種であちらこちらで咲いているシュウメイギクとこれは北海道のコテージガーデンさんから来たジニア。バックドロップには、プリペット’レモンライム’。  カラーフォリッジとしてとても便利です。

写真

宿根草のシモバシラ。冬の姿を見るチャンスがないのですが、今の季節の花もすてきです。

写真

頂点に小鳥がついている支柱。雰囲気がでて、これを挿した途端、写真を撮る方が増えて、嬉しくなりました。

写真

程よい高さで密度よく花が咲く、ダリア’純愛’。さまざまなダリアがありますが、理想的な密度を保って3ヶ月以上も咲き続けてくれたので、なんとかして、来年も球根を維持していきたい品種です。

昨日は不安定な天気予報にも関わらず、案外良いお天気の一日でした。ミュージアムの庭に来て下さったみなさま、ありがとうございました!

※この記事は2014年9月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・10月の星の王子さまミュージアム(October 09, 2014)

写真

高原である箱根仙石原、一足早い秋が訪れていますが、元気に咲く花にエネルギーをもらいます。ダリア黒蝶の人気の理由は、その名前や色彩的な魅力だけでなく、丈夫で繰り返し咲き性にすぐれた性質にもあります。7月の開花株が10月の今もずっとずっと咲き続けた。これは、M&Bフローラさんからの苗で、生育条件も優れた苗だったからかもしれないが(どの生産者さんから来た苗なのか。によっても同じ苗の生育は違うし)とにかく、今年の夏〜秋の星の王子さまミュージアムの一番人気の花でした。

写真

あ、でも、もうひとつの人気が、ダリア’純情’。これも驚くほど、繰り返し何度も咲いたものです。さまざまなダリアの品種がその色や形で私たちを魅了しますが「丈夫で、良く咲く」のが、観光庭園の守り神。

写真

同じ理由で、バラ’ラ・セビリアーナ’。これが10月の状態とは思えないほど、たっぷりのツボミをつけて「咲きまくる!」もちろん、土と肥料と剪定の成果もありますが、同じ条件で育つほかの品種は、ここまでは、咲いていない。以前、この花壇の中央部分にべつの品種を植えていて、その品種の生育がセビリアーナほどではなく、あまり花も咲かず、生育が悪く、どうしてもそこだけ「引っ込んで見える」ので、ある年の晩秋に、それを植え替え、前面は同じ品種だけに揃えたのでした。

写真

ノリウツギ ミナヅキ。毎年、爆発的な花つきの良さでこれも人気。秋は、花がピンクになるのもすてきだ。

写真

9月下旬頃からたくさんの花をつける皇帝ダリア。ハイブリットのガッツッァリア ローズ。 2m以上の高さで咲くので見上げるようです。花色が珍しく濃いローズピンクで、一緒に咲いたジニアの赤ともうまく色があいました。10月9日の時点で、咲いていたジニアは全部抜き(まだしばらく花がつきますが、うどん粉病が増え始めるので苦渋の決断)

写真

その足元には、白やピンクのコスモス。そして、去年からいた可愛い小花のガーデンマム。フランスの国旗に合わせ、色のテーマを大切にしている庭ですが、花色は赤系だけですと暗くなるので、白の花が、暗くなりがちな庭に、光を与えるのに欠かせません。良いコスモス。花が大きくで上を向く。

写真

秋の日は、つるべ落としのごとく。すぐに暗くなってしまいますが、実はこのプリペット、レモンライムのフォリッジの下にライトを仕込む。ノーベル賞も取ったLEDライトのおかげで、ここに熱が籠ることはありません。植物とライトがつくるこれも、秋の庭の眺めです。

いつも当ブログにたくさんの嬉しいコメントありがとうございます。先日、どうしたら、ブログが続くのかとご質問をいただきました。ダイエットも、エクササイズもそうなんですが、人間、習慣が身につくと、それをしないではいられなくなる。なんでも40日、毎日それを続けてみると、習慣になってその後を続けることができるようになるそうです。ま、よっぽどいやなことでなければ。40日頑張ってみて、それ以上続けられないなら、よっぽど合っていないのでしょう。私は今、8月のファスティング以来、筋トレが続いているのですが、これも習慣になってしまいました。最初の40日は、努力ですが。

※この記事は2014年10月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。