アジサイ

写真
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. アジサイ
写真

Hydrangeaアジサイ

・ルドゥーテ「美花選」展 in Bunkamura ザ・ミュージアム-2(May 29, 2011)

写真

梅雨、台風、まだアジサイも咲かないのに。
雨に濡れると、殆どの花はあまり美しく見えません。
しかし、アジサイだけは生き生きしていみえます。

美しく咲く花を一層美しく見えるように、花を活かすのが私たちの仕事。

そうしようと思えば、誰にでもできるはずの。

花を所有するだけでは、だめなんです。

花が美しく見えるようにと心を砕くこと。私たちが育てて、それが美しく見える。誰からも、そう、感じてもらえるように。

写真

ところで、このアジサイの絵、というか版画。

光と陰を帯びて立体感がありますね。明後日水曜日に開催するたまがわガーデニング倶楽部の講座でも、このことも、改めて講座に取り入れたいと思っています。上明るく下暗く。手前明るく、後ろ暗くの基本です。レンブラントライトは、斜め上45度からの光が物事をもっとも美しく魅せます。

ひとつの庭、あるいは、寄せ植えの絵画的完成度は、絵画的遠近感、立体感の認識なしにあり得ないので、改めてレクチャーに取り入れたいと思います。ただし、これが基本であってこの基本をふまえて独自の創造をするのがアーティストの仕事。

この言葉のパネルは、このたびのルドゥーテ展に展示されている美輪先生の格言集の一部です。パルコ出版から発行されている「花言葉」という本から。私も思わず、アマゾンで注文しちゃいました。

昨日、講座に使う苗が一部届いたので、それも後ほどアップしたいと思います。

※この記事は2011年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・箱根  星の王子さまミュージアム 7月18日オープン!〜PART3〜(July 23, 2009)

写真

今日から始まる Bunkamura ザ・ミュージアム ルドゥーテ「美花選」展  本当に素敵です! まだ興奮覚めやらず。今までに知っていたはずの植物画も、このインスタレーションで眺めると、また素敵に感じる! 震災の影響で本来の企画通りには行かなかったとはいえ、これは、お花の好きな方には絶対に見て欲しい、心に響くエキシビションです。

写真

花の世界を堪能して、最後には美輪先生のお言葉。これも心に響きます。先日の岡本太郎展の「太郎の言葉」とはまたちょっと違うけれども、言葉にならない感覚を抱えているときに的確な言葉をもらうと、これまた泣けてくるような、そんなインスタレーションです。最初の写真は、夫のデザインによるコーナーの展示。夫のデザインはこの部分のみなのですが、私が映っているのは同行した息子が撮ってくれた写真。背中をむけているのが夫。右端が私で、ほかの素敵な女性はキュレーターさん、作品の出品者さま。床の模様は夫が作図したもの。

写真

彼がフランスのマルメゾンでインスパイヤされた正五十面体の図柄を描いたのには、私もびっくりでした。また、ほかのゾーン、パステル調の空間演出も植物のテーマ別に色彩計画がなされていて、うっとりすると同時にとてもわかりやすく見やすい構成 です。また、お土産コーナーも充実していて欲しくなるものがいっぱいでした。

ところで、入り口のパネルに私の書いたメッセージは以下の通り。

写真

「どんな花にも人を癒す力、惹き付ける力があります。自然の力は偉大。花はそのままで十分に美しいものです。しかし人は、本来の自然を一層魅力的に表現することもできます。花の絵師 ルドゥーテに描かれた花は、花弁や葉の色姿、ある時は茎の曲がり方や刺のありようまでが、写実的でいながら一層美しく愛おしい。…そんな花の美しさは、一つ一つが発見の連続です。美の発見を通し、あなたの心も一層豊かに開花しますように」

写真

このメッセージは当然展覧会を見る前に書いたのですが、まさにその通りの内容となってここに存在します。自分自身を高めるキッカケやヒントとしてもおすすめです。

写真

余談ですが、植物画家 ルドゥーテといえば「バラの図鑑」が有名です。しかし、春の草花や果物、球根の花々の描画の美しいこと。英国大航海のクック船長、ジョセフ・バンクス率いるプランツハンターの時代には、 ルドゥーテさんロンドンに滞在し、キューガーデンでスケッチをされていたんですね。なじみの植物(たとえばギボウシやプリムラオーリキュラなど)がひとたびルドゥーテに描かれるや、たちまちすべてが「美の化身」のよう。こうした美しさを自分のスピリットで感じたうえで、尊敬の気持ちを持ってお花を植えると、またガーデニングも違ってくると思います。

ザ・ミュージアムのお許しを得て、館内を撮影させていただきました。東京が遠い方も、ちょっとばかり無理して見に行こうかな。と、思っていただければ嬉しいです。

※この記事は2011年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

写真

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。