ガイラルディア

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ガイラルディア
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

ガイラルディアガイラルディア

・今年も、今日で半分近くが終り?(May 31, 2012)

まあ!驚くべき事に、明日から6月ですよ。今年もこれで半分終わりかけ。人生でいえばアラフォーかアラフィーか。そう思うと、人生は短い。生きている間に少しでも沢山の感動をしたいものですね。

写真

今朝の我が屋上ガーデン。雑誌の撮影前に、撮影。命短し恋せよ乙女、花を見ているとそう思います。で、サルビアネモローサ。いつ、カットダウン(切り戻し)しようかと。「まだ切りたくない」。そういう葛藤は、日々ずっと続きますね。でもカットすると後でまた美しく伸びて来ます。「切れ切れ、綺麗ー」が合い言葉。写真は今日の状態ですが、オランダに経つ前日。あと4日後にガッツリと、切り戻しの予定。

本日は園芸ガイドの寄せ植え撮影。4月の中旬から準備して、今日までに10点!作った寄せ植え。凄いプレッシャーでした。今日ちゃんと咲くかどうかで。特にペチュニア系の花は、今日まで、バラショウの合間も含め、ほぼ毎日細やかな剪定を繰り返してきました。なので、芽の詰まった株ができましたが。結果は、詳細は来年発売の「園芸ガイド」を見てくださいねー!

写真

去年も、お勧めに書いたかもしれませんが、ガイラルディア・ファンファーレは本当に可愛くよく咲きます。

写真

凄い繁殖力ですが、元肥もたっぷり入れています。先日、京成バラ園さんで、花壇の肥料、一平米の1キロ。と話題にしましたが、それもコンテナで、夏の花なら毎月の追肥が必要。今年はブリエッタの巨大株を目指していますが、6月はオランダ、7月はフランスに行く予定。さて、どうなることやら。これも6月初旬の戻しが必要です。ああ、徐々に害虫も増えてくるし、そろそろ、ここから秋までは、園芸スローダウンに切り替えなくては。そして、明日からようやく、フェアリー制作!

※この記事は2012年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・花盛りの5月 自宅にて(May 21, 2011)

写真

超多忙の日々、自宅の庭も5月上旬からさまざまな花が咲き乱れ、その花殻摘みの忙しかったこと!バラショウの残務も少しづつ終り、やっとブログの話題も自宅の花達に....。

去年から植わっていた2年草や宿根草は今が盛りと咲き誇り、やっぱりお花が咲くと嬉しいものですね。写真左手に咲くのは去年の春に植えて2年目の開花のオステオスパーマム。小さな9センチポットが大きな株になっています。だいたい、2年目が最高で3年目に少し弱って終わるのがわが家のオステオです。

写真

右側に咲くハボタン(中心に立ち上がった花芽を切り戻し、わき芽の小花で5月一杯)には、同じ株のオステオを編み込んであります。編み込み植栽はイギリスで教わった方法で、倒れやすい草花を別の植物に引っ掛けて一つの絵にします。

写真

ベロニカ、Veronica longifolia と 宿根リナリア プルプレア Linaria purpurea 、クレベランディセージ Salvia clevelandii 。この三種の集まった姿が可愛くて、うっとりしますが、屋上での栽培にベロニカがついていけるかどうか、試してみます。ほかの2つは大丈夫ですが。

写真

屋上も花盛り。3年目の初夏を迎え、アリウム、ジャーマンアイリス、セントランサス、イングリッシュローズ’ジェネラスガーデナー’ほか、のびのびと育っています。今年は早春から2週間に1度、ニームオイルを散布しています。去年よりもコガネムシの幼虫(ネキリムシによく似た)が少ないようです。ニームオイルとバイタル液を混ぜて散布するのが一層効果的だと聞きまして、実行中です。

写真

去年、試しに植えたサントリーナは無事に夏を超し冬を越し、今たくさんの蕾をつけています。超乾燥に強く屋上むき。同じく乾燥に強いガイラルディアも去年の初夏に植えたもの。厳しい夏と冬を越した株はどれもかわいい。

写真

ここ数日探し回っているのが6月1日に開催するコミュニティクラブたまがわ(たまがわガーデニングクラブ)で開催する寄せ植え教室の苗。毎回、とても苦心します。その辺で普通に売っていない苗を探してくるのが私の意地。実は北海道のコテージガーデンさんにお願いしていたジニアがまだ花が上がらないそうで。では!ということで片っ端から種苗屋さん、ナーサリーや情報通に電話。なんとかなりそうではありますが、開花状況など生ものは難しいです。でも、今回提案するポリエステルフェルトの鉢カバーは上々のできばえ。これはクラブの方がひとつづつ手作りしています。これは以前、NHKのすてきにハンドメイドの番組でご紹介したカバーです。日々使用していると思いのほか、重宝なプラ鉢カバーでスリット鉢もワンランクアップです。クラブには、まだ若干の残席あり。しかし、はあ!当日まで、苗の供給、コンディションは心配の種です!!!

※この記事は2011年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデニング特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。