イベント2 国際バラとガーデニングショウ2015

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. イベント2 国際バラとガーデニングショウ2015
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Event2イベント2 国際バラとガーデニングショウ2015

・国際バラ、後4日(May 14, 2015)

写真

たくさんのみなさまにお越しいただき、ありがとうございます。そして、みなさまに誉めていただき、本当にうれしく思います。感謝!

先週の日曜日に庭が仕上がって、月、火、水、木、明日の金曜、そして、土、日で最終日。気温が高く、花が入荷前から咲き誇ってしまっていたので、花の維持が心配で、心配で、大変です。

写真

暑さのために出荷時から調子の悪かった樹木や、バラなどは、もう、持ってくるのを諦めた株もたくさんありました。今日も実は、一番大きなイギリスナラの木を、交換します。ついにだめみたい。私たちは植物の冷蔵庫を持っていないので、気温が上がると、なす術がなかった。

あとは、いつも使っているVRNAのバイタル剤を毎日葉面散布して元気の維持です。光合成の補いにもなりますし、カビやうどん粉病も、防ぐヒントになる。水は遣り過ぎるとドームの地盤に障害がでるし、湿気が溜ってカビがでやすくなる。なので、常に少なめ。
しかし、行き渡らないと萎れて来るの。

写真

昨日、スタッフが植物達に向かって、なにごとか、話しているので「何、独り言いってるの?」
と、聞くと「喉が渇いているのは誰〜?いたら、教えてー」と、ひと株ごとに聞いて回っていた。
「わたし、乾いてます〜。水ください」って、手をあげてくれたら助かるのにねって。
だま〜って、萎れて行く子がいたら大変。植木鉢まで手が突っ込めないのは、とにかく葉っぱを触る。
ひと株ごとに鉢に指を突っ込んで調べるのは、2時間ほどのメンテ時間では遣り切れません。右に見えている「バラ’ベルベティ・トワイライト’」は、花持ちが良いので、助かります。

写真

でも、熱さには、どんなバラも勝てない。ああもう、気温上がらないでー。

写真

私の本の表紙にもなっている、ジギタリス’イルミネーション’、大人気ですが、

写真

もう一つの、大人気。

写真

黄色いサルピグロッシスです。アンデルセンの庭の右横にある、星の王子さまミュージアムのブースでも販売中ですが、入荷されると、たちまち完売してしまい、すみません。


最終日(日曜)には、お楽しみ販売会もありますので、ぜひ!

※この記事は2015年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・国バラ。おいでくださり、ありがとうございました!(May 17, 2015)

写真

バラとガーデニングショウ、本日で閉幕です。おいで下さったみなさま、陰ながら応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました!!!



写真は、昨日の夕方に撮ったので、ちょっと花殻摘みと水やり程度のスタイル。今日はもう撤収作業用の装備で行きますが、私はバラショウに合わせて自分がデザインした(このバラの柄もオリジナルです!)洋服でバラショウに行くことも楽しみにしておりました。さまざまな花のようなスタイルの方々をお見かけするのも嬉しく拝見しておりました。(チェルシーやハンプトンでも、花を意識した方を見つけるのが楽しくて!)なかには、一緒に写真を撮っていただいたり。

写真

この、シャクヤク、17年間私の庭でバラの風情を作ってくれているオリさんの自宅から来た花ですが、ちょうど、こんなイメージ。


そして、季節違いのチューリップは、北海道のコテージガーデン、梅木さんに送ってもらった。最初は、小さなツボミでしたが!こうして、さまざまなピンクの同系色に繋がる淡いピンクのシャツを着るような感じで。ぜひぜひ、これからも、花の園に出かけるときはご自分もお花の一部と意識して、おでましくださいませ。

それがしたくて、私はこの10年ほど、月給は変わらない。むしろ下がってしまったけれども、服のデザインを始めました。

写真

今回、ご協力いただいたミニバラ。ブロメリア岐阜さんの、ポールセンローズは、デンマークから来たバラです。これが素晴しい!搬入時からまったく花が痛まず、ピンシャン!として、見事でした。あまり日当たりの良くない環境や室内、お店先などを飾るのにも、素晴しいバラです!

写真

バラショウでずっと、美しいのは、アジサイも双璧でした。こちらは、星の王子さまミュージアムのブースでも販売して大人気!

本日最終日も、限られた数ですが、ご用意しています。

写真

人魚のウロコは、エケベリアなどの多肉植物。

メインで多肉の埋め込みを上手にこなしてくれたのは、ガーデンデザイナーの大滝暢子さん。緻密な時間の感覚を必要とする。

いまのところ、この人魚は、たくさんのポールセンローズと多肉植物をご提供くださったブロメリア岐阜さんに貰っていただきたいと思っています。

写真

こちらの赤い靴のバレリーナは、今後は、私のお店、Shade YOSHIYA KEIKO で季節毎に植物のイメージを変えてディスプレィに登場してもらおうと思っています。当分は、多肉植物、伸び過ぎてしまったら、次回からは、ディスプレィ用のドライフラワーやシルクフラワーで。バレリーナを花園に見立てたいと思います。

写真

今年、一番人気だったジギタリス。これからまだタキイさんなどからも、出荷があるようですよ。

写真

後半からエキナセアもちらほら登場しました。空間をピシっと締めてくれるので、庭に欠かせない花。

写真

こちらも、ポールセンローズのミニバラと、サルピグロッシス。

この両名とも、おどろくほど花持ちが良かったです。助かりました!そして、こちらのステキな物語の表示は、一昨年のグランプリ受賞者、有福さんたちが用意してくれました。若手のデザイナー達が協力してくれて、ありがたい。今後に期待がもてます。

ただ、植物名の表示、非常に大切ですが、眺めのじゃまにもなるので、なかなか悩ましいです。

特に、この写真にあるサルピグロッシス(一年草)は、しょっちゅう名前を聞かれました。しかし、名を聞くだけで、へえぇ。というリアクションされると、いつもがっかりします。案外多い。人に植物名を聞くときは、「メモを片手に!」が合い言葉。最近は、スマホに残すのもあり。それに「ありがとう」くらいは添えて欲しいけれども、聞くだけで、きっとあとで忘れちゃうんだわ。なので「きっと覚えられないから、サル が ピー で グロッシス!覚えましたか?」なんてね。言ってしまいます。

写真

さあ、雪の女王は、本日、解体します。多肉植物はレスキューして、スワロフスキーのクリスタルは除去。あとは、残念ながら廃棄せざるを得ないのが残念ですが、毎年、イベントをしていると、こうしたものが溜ってしまうので、断捨離を。なので、せめてたくさん写真を撮っておきたいです。
さて、さて、これからは、集計だの経理。塞き止めていた他の仕事(デスクワーク)。あまりにも苦手で頭がイターイ。のですが、現場作業は大好き!
5月20日は星の王子さまミュージアムで公開ガーデニングワーク。
5月26日は、浜松市の花の会で講演会。
5月30日は、トレジャーガーデンでトークショウ。
それが終わると、いよいよ6月、本格的な夏と同時に、フランス薔薇ツアーがスタートします。
花の季節はこれからまだまだ続きます。すてきな花を一層すてきに見せるよう、頑張っていきますー!
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

※この記事は2015年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。