ダリア

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ダリア
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Impatiensダリア

・とちぎわんぱく公園イベント植栽/その後(October 20, 2013)

写真

10月2日3日と二日間で植え込みをした「とちぎわんぱく公園」のサークルガーデン。あれから2週間以上が経過し、台風26号で、厳しい状況に追い込まれたり、いろいろと大変だったようですが、栃木県在住の沼尻さんから、今も元気の報告をいただいています。

写真

台風前はこんな感じで

写真

台風後、どうしても花の大きなものは折れてしまいました。もったいないけれども、茎の付け根からカットするより他に策なし。切り花にして飾れますが。

写真

公園の方々が、台風予報をうけて、作って下さったのは、このような囲み。だからこそ、被害は、最小限で済んだと思います。

写真

繰り返し咲く花や、ハゲイトウやケイトウはあまり激しい変化や影響を受けないので、こういう時に助かります。

写真

台風の後、現地にいる沼尻さんや公園 の関係者の方々がリタッチをしてくれたので、今、少しづつ変化をしながらも、それなりの姿を保ってくれているようです。上と下の写真は、昨日沼尻さんが送ってくれた写真。ダリアもそれなりにリカバーして咲いてくれています。

写真

ダリアのように花径の大きな花の管理は大変に難しいのですが、やはり、イベントに欠かせません。ハイリスクハイリターン。しかし、カラーリーフの植物にはいつも助けられる。そして、色だけでなく、葉の形の変化。トウゴマやニューサイランのようなはっきりした違いやコスモスのようなふわふわ感VS 葉の形が際立つフォリッジ。Designing with Plants  台風にもめげず、やっと涼しくなった本州では、これからがその本番。

台風がそれてくれることをひたすら祈っています。 

※この記事は2013年10月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・10月の星の王子さまミュージアム(October 08, 2013)

写真

(水無月が色づいてきました)

ようやく秋めいて、まともなアイデアが出せそうな体感気温。と、いいたいところですが、本日の東京は、お昼前後は32度も!ありました。ヤブ蚊も多くて、なかなか快適とはいかない関東平野のガーデニング事情です。湿度もかなりのもので、なかなか厳しいです。北海道から送ってもらった苗は、水を十分にもらっていても、気温が上がる都度、シナシナになるので気を揉みます。

写真

明日9日は、箱根仙石原での公開ガーデニング。 10日は、バラのイベントもあり一足早い秋を感じられそうです。おかげさまでイベントは満員御礼、お申し込み、ありがとうございました。

写真

菊の花、我が家の庭ではまだですが、箱根ではだいたい10月上旬から咲きます。

そして、箱根仙石原は、すすき野原でも有名で、それはそれはなかなかに見応えある景色です。そして、バラも期待できそう?!夏からのジニアもまだ頑張ってくれているでしょうか?

写真

気温は高そうなので、あまり重ね着fができないので、昼はシャツ一枚での作業でしょうが、朝晩は冷えるので、この時期、秋バテが心配ですね。

写真

ガイラルディアもまだ元気に咲きます。

写真

これは、私が20年近く前に考案した、重くて下を向きがちな花首を目線に持ってくる「くるくる支柱」。

写真

ダリアなど重い花に便利です。あっちこっち向いてくれると眺めがまとまらないので。

写真

日暮れが早くなっているので、光に映える花が活躍です。

写真

これは、去年の10月10日ころ。着膨れしているので、寒かったんでしょうね。

寒いくらいの方が、頭が冴えるので、どこに何を、どんな風に植えるのか。そういう判断もしやすいのですが。暑いとどうも、うまくありません。

※この記事は2013年10月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。