ナノハナ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ナノハナ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

ナノハナナノハナ

・雑草抜き(April 04, 2013)

写真

いよいよ、たくさん出て来ましたね。雑草。

どうしようかなあ。なんて考えてちゃいけません。いまのうちに。そして、これからは、どんどん抜かないと。.....でもね。

(ナノハナとホトケノザ/ 先日の国立木曽川公園にて)

h さんからのコメント(ありがとうございました!)

ホトケノザが抜けない:この時期ベットの中とか隅に生えてくるホトケノザが抜けません。 雑草と呼ばれる植物の中でも、「花の風情が良くてなあと」思っていたら、勤務地の近くで 和風ボーターを狙っているのかしらと思われるおうちの庭にもあって、ホトケノザ下はアリッサム が一面に咲いていて、おおっと思いました。日本在来の植物もいれて、野の花風の 花壇を作ってみたい希望はやみがたくあります。が、母は「h はクサ植えて抜かんにゃあね」 って言われるのがオチ。 いつかの夢があるほうがいいのかもしれませんね。  お写真にそうかなと思われるものが写りこんでしたので。

雑草であるホトケノザ、いい感じにカラースキームしてたら...、抜けないですね。いや、そういうのが、ほかにもありますね。雑草でいうとドクダミ系も、なんか、かわいいと思ってしまう瞬間がある。と、それがいけない。

写真

まだまだある。カタバミ系やツユクサ系も、イヌフグリも嫌いじゃない。って発言したら呆れる方も多いでしょうね。ないし、雑草系といわれても仕方のない草花、いろいろあります。たとえば、ユーフォルビアの類いは、案外自分の住処を見つける天才。私の庭ではいろいろな自然実生の植物が蔓延っています。が、でも、嬉しいのも、いろいろあり。

写真

私がデザインしたチューリップの靴下と「農夫のゴム靴」です。春、クローバーが一斉にきれいに芽吹いてきました。

※この記事は2013年4月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・ゴールデンウイークの後は…(May 01, 2016)

写真

各地のガーデンでは、おいでくださった皆様に花を楽しんでいただきたいと、心を込めて庭を丹精されていることと思いますが、今年は

全体に、どの花も少し開花が早いような。

写真

昨日訪ねた群馬県中之条町の「美野原」の花壇も、例年より早めにチューリップが終わろうとしていました。

代わりに、これは、似たような写真をファッションブログにも載せましたが、まだまだ菜の花がきれいです。

写真

鯉のぼりと一緒に。

(最近は、5月初旬に田舎道を走っていても、鯉のぼりを見なくなりましたが)

写真

中之条は、リンゴの産地でもあるので、素敵な花たち、今が見頃です!

写真

一瞬、パッと見ると、見頃の終わったチューリップが多いのですが。
こうして角度を変えると。楽しめる景色あり。でも、やはり。

実際に、訪ねてくださる方々の口からはほとんど、

「あー残念。もう少し早く見たかったね」
「もう終わっちゃってるね」「枯れてる〜」などの意見が聞こえます。

正直なご意見です。

しかし。くどいですが、見方によっては、まだ、きれいな咲き方のしている箇所もあるのですが...。見て欲しいというか。気づいて欲しい。

写真

この子たちが「え〜?私たちは、まだ咲いているわよ〜」と、言ってるみたいに見える。

まあ、なかなか、そういうことを、心の目で見たり、探してみては、下さらないものですね。

みなさま、次の訪問先へと忙しい。

ガーデナーとしては、もっと美しい花のあることを探していただきたいのですが、なかなか思い通りにはいきません。

代わりに。

今年は、やはり、バラが早く咲いているような感じです。

ジャーマンアイリスなども?

国際バラとガーデニングショウの搬入は、来週の9日月曜から、実際は、10日、11日の二日間で庭を仕上げていきますが、開花状況。戦々恐々。

どうか、いい感じに咲いてくれますように。

写真

さて、今年で18回目を迎えた国際バラとガーデニングショウ。考えてみたら、この模型は私が一人でコツコツ作ったものですが、1週間以上はかかったかと。もちろんデザインを考えながら作ったので時間もかかっているのですが、実際の現場は正味三日間で。(完成するかな。今年は広いのでちょっと不安です)

また、開催初日の13日は午前11時から、趣味の園芸でおなじみの三上さん、そして、フランスを代表するバラ園、ライレローズ。その公園長、ムシュー・ギョーム・ル・テクシエさんをお迎えして、私がデザインしたマルメゾン、ジョセフィーヌの庭をメインテーマに写真をまじえてトークショウが開催されます。

写真

去年訪ねたライレローズ。あの時、不明だったライレローズの庭の独特の仕立て方など、直接質問ができるので、とても楽しみです!

写真

その後すぐ、11:50頃から、星の王子さまミュージアムのブースにて、私の最新刊書「暮らしの寄せ植え」のサイン会も開催。今回のバラショウのためにデザインした植木鉢に花の植わったデザインのマスキングテープ他オリジナルのデザインの文具雑貨も登場します!

午後2時からは、今年初登場の dinos さんのブースでもサイン会。こちらのブースには、私の作った寄せ植えも運び込むので、先週から作り込んで準備中。日当たり風通しの悪いバラショウ会場でも、10日間は元気で咲いてくれる花をセレクトするのも結構ハードルが高いです。

※この記事は2016年5月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。