カルーナ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. カルーナ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

カルーナカルーナ

・星の王子さまミュージアム/冬支度(December 12, 2014)

写真

本物の冬がやって参りました。箱根仙石原の星の王子さまミュージアムにも。
こういうとき、やはり、構築的な植物の配置がもっとも、大切になると感じます。
配置。配置こそがすべて。コンポジションが大切なのだ。と、痛感するのです

写真

でも、ディテールも大切。3年前に植えたニゲルが、今年も名前に恥じず、クリスマスに咲くローズちゃんとして輝いています。光の調子が暗いので、白が活きます。

写真

今日は、こんなクリスマスローズの株を、本日、お越しの皆さまに、クリスマスプレゼントで無料配布いたしました。願わくば、グリーンフィンガーの手に収まったのだと良いのですが。私の個人所蔵のクリスマス飾りも放出しました。

写真

エナジェティックな土と肥料に変更してから、まあ、咲くわ。咲くわ。まだバラがこんな調子です。

写真

ついでに、寒冷地なので、カルーナたちも元気に夏越しして、今は、真っ赤!

写真

寒くてパンジーヴィオラも首を竦めた状態ですが、プリムラたちには頑張って欲しい。プリムラ’アラカルト’は、元気でいいですね。

冬越しの危うい、アガパンサスに例年恒例の冬囲いを。これがまた庭のアクセントにもなるので、欠かせません。作業は、Q GARDENさんがお手の物。

写真

ちょっと松ぼっくりをつけたらさらにかわいくなりました。

写真

冬囲いをしたのは、アガパンサスやニューサイラン等。また、右に見えてるヘリアンサスの残った茎にも松ぼっくりでアクセント。こんな感じでも冬の世界では、チャーミングです。

※この記事は2014年12月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・星の王子さまミュージアム 11/2(November 03, 2011)

写真

11月2日の公開ガーデニング・ワークディ。来春までの彩りパンジーもたっぷり植わりました。(写真、ヒマの葉が益々きれいです)お越し下さったガーデンラヴァーの皆様ありがとうございました。私もつい、短い時間にするべきことが多すぎて、慌ただしい姿を見せてしまいがちなのであるけれども、皆様とお喋りしたり、質問にお答え、ご一緒に写真を撮ったりも...。その日の仕事。ただ、いつもそうなのですが、いろんなことを同時に、実行するのはなかなか難しいもの。朝5時に起き、子どもの世話を終えて自分もちょっとお化粧して家を出るのが7時前後。車を走らせ9時ころに箱根に到着、そこで身支度がイマイチということも多く、なかなか....。いろいろパーフェクトには行かないものではあります。

写真

球根を植えたり、冬の花にはクリスマスピックを加えて冬らしい彩りに。おっと秋を超えて、ミュージアム、実はクリスマス支度も完了ですが、まだまだ美しい秋の彩りも満載です。例えば、キク。ぽんぽんマムはみなさんに「ダリアですか?」と聞かれるほど福よかにポンポンしてます。

写真

咲きはじめと後半の色彩の違うのもひと株で変化があり、楽しい。

写真

ジニアは最後の花、ランタナも絶好調ですがもうすぐ終り。

写真

アジサイ、アナベルのドライフラワーは相変わらず、賛否両論。「何故、枯れた花を付けっぱなしにするのか」を聞いてくる方もあります。冬は植物のフォルムやシルエットが観賞のツボなんだけどな。植物の色が赤やピンクじゃなくても、これが美しいのにと、枯れた色を庭の色彩と認めない方には、なかなか説明が難しいようです。

写真

日本でもっとも華やかなトイレットの入り口として最近話題のお手洗いは、入り口を花屋さんに見立ててある。ディスプレイもまた手を入れて豪華になりました。でも、まだまだ直したいのですが。これはスタッフさんが着けてくれた「バラの花の雫を吸う小鳥ちゃん」

写真

ミュージアムの売店に、見事なカルーナが入荷しました!冬の寄せ植えに、花壇の彩りに。冬は草花の立体感が大切なポイントですが、パンジーに対照的なフォルムで得難い、欠かせない、冬の花材です。 写真がやまほど撮れたので、また後日に。

ヴァージンエアの連載「イギリスに行こう!」が新しくなりました。今回はプライベートガーデンがテーマです。

※この記事は2011年11月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。