カーネーション

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. カーネーション
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Carnationカーネーション

・プロのフラワーアレンジ/プロの寄せ植え(March 25, 2013)

Shade のお店も、開店から数日がすぎて、お祝いで戴いたお花もそろそろベストな状態を過ぎようとしています。すべてのアレンジは給水スポンジに挿してあるので、さてここで、このままにせず、一度バラして、花茎を短く切り戻し深水をして花瓶に挿すと、さらに長く楽しめるので、ご希望のお客様にお持ち頂いたり、スタッフで分けたり、私も個人的に戴いたりと、一同に集まったお花達も個人のお宅に解散中です。このことはすでに、Shade のブログにも書きましたが。

写真

たくさんの花がやってきてくれましたが、素敵なラナンキュラスや変わった色のカーネーションに眼を奪われました。で、いつも思うのですが、「切り花用」の花が「ガーデニング用」には流通しない悔しさです。ラナンキュラスなどは、球根なのだから、もっといろいろな品種に流通して欲しいのに。
バラもそういう傾向があります。だからこそ、小山内さんたちがその両方を兼ね備えたバラを発表したのでしたよね。

↑こんな色のカーネーションがあるんだなあ!こちらはBISES編集部から頂いたお花でした。ライラックは文字通りの可憐なライラック色ですがその隣、このなんとも言えないカーネーションのベイジュピンク!このほかに淡いライム色やチョコレート色など。カーネーションって、あまりガーデニングの世界ではおなじみではないのですが、地植えで育っているところを見てみたいなあと思います。私たちが知っているのは、背の低いダイアンサスなどですものね。

写真

それにしても、フラワーアレンジメントの世界はガーデニングとは違いもありながら、どこかでたくさんの共通点があります。
かのベス・チャトーさんも生け花から学んだことをガーデンに活かしていらっしゃるわけですから、学ぶべきこのとヒントはたくさん隠れているはずですよね。

写真

Kさんからいただいたコメント。みんなで考えてみたいヒントを頂きました。


白とグリーンは確かに美しい。花のプロに花を贈ることは難しいとはおもうけれど、無難で無個性に面白くないなと、沢山の花束をみての感想。たったひとつしかない花束に感動したいものです。勉強しました。

この方の意図する印象と、私が目指す方向が違うのかもしれないのですが、モダンデザインにしてもクラシックなデザインにしても完成度が高まるほど、「どこかで見たことがあるものになる傾向」があります。ロンドンで見かける素敵なコンテナガーデンは、ほとんどがワンパターンですが、あれこそが美しいと思うし、あまり個性的である必要もなく、環境や景色に馴染んでフィットすることのほうが大切だと思います。

今回は、無難で無個性なアレンジを私が希望したのですから、プロのアレンジャーは、そういう意味で、控えめに、無難で無個性と思われてもよいアレンジを完成してくれたと思います。そこに個性は不必要なわけです。また、ここに至るまでに、私が第一園芸本店さんから頂いたメールの回数は、なんと10回でした!こんな傾向、あんな傾向、どうですか?こうですか?どうですか?最後は「もう、絶大の信用があるのですから、お任せしますよ!」と書いたメールが最後でしたが「白いシャツがメインの店を邪魔しないデザイン」。というお題を、完璧にクリアしてくださいました。私自身は、ますますミニマリスティックな花が好きになってもいます。

写真

そして、お店のお祝い花、明らかにたくさんの花が集まると予想される時、まず、花を贈る側が、先方に希望の花屋さんを伺います。逆に、花のお祝いをしますという前に、指定の花屋さんが先方から伝えられることもあります。ミッドタウンの杮落しのときは「お祝い花は、第一園芸さんのみで!」の指定入りでした。出入りの業者を限定し、混乱をさけるためです。幸い、私が第一園芸さんとは懇意でしたので助かりましたが。また、これ以上の花を置けないことが予想されるときは、お花を丁重にお断りしたり、されたりすることもありますが、お気持ちだけは伝わるし、それはドライな意味で、ありがたいんです。

そして、お店の開店祝の花は、ハッピー・メッセンジャーです。清楚でエレガントでありつつ、無難であるべき、それはもしや、無個性でもよいのです。いや、今回、結構変わった植物も多かったし、どこを見てそう思うのか不思議でもありますが、逆に、自己主張は困ってしまう。へんな色あわせの花束やムードに合わない花が来たらどうしよう!と思っていましたが、どれも素敵でありがたかったでした。

写真

先日は、町田ひろ子アカデミーのガーデンデザイナー講座の皆様と、星の王子さまミュージアムで庭づくりの講座。その翌日は、王立園芸教会コンテナマスターさんの講座と、プロフェッショナルのガーデンデザイナーとして、状況に応じた植物選びのことをお話していましたが「個性は本来、個性を出そうと思わなくても、でてしまうもの」だとも、思うのです。あえて、お金を頂いて完成させる仕事の場合は、まず第一に完成度、花持ちの良さ。お客様の希望をいかに叶えるか。そこが重要なので、「想像力と創造力」が勝負になるとお話しました。花のデザインにも「オーダー(秩序)」が必要だとも、お話しました。

最終的には、その人がその人らしく一生懸命に仕事ができれば、それで十分だと思いますが、プロの仕事はどうあるべきか、の明確なビジョンは必要です。
そして、プロの寄せ植えアレンジャーは、英国で見かけるほどには、日本では発達していません。個性的でなくてよいので、完成度の高い寄せ植えを町中のホテルやレストラン、お店の景色が美しい植物で飾られていくことを願っているのです。そのためには、気分や好みで、物事を判断するのではなく、総合的で理性的な判断力を、自分のなかで養っていかなくては、とも思っています。

※この記事は2013年3月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・箱根  星の王子さまミュージアム 7月18日オープン!〜PART3〜(July 23, 2009)

ベス100  のなかのトップの drought-tolerant plants (乾燥に強い植物)の項目。屋上やベランダでたくさんの植物を育てているので、私には特に興味深いサブジェクトです。でも、東京の夏の暑さは、時に30度を上回ることもある東イングランドのエセックスの比じゃない。だって夜温が違う! でも、たとえば、DIANTHUS x ARVERNENSISにとてもよく似たガーデンカーネーション'アリス'は、本当に乾燥に強くマイナス3度でも真夏の38度でも耐えて、春は見事な花を咲かせ、その後もポツポツを花を咲かせ、おまけにとてもいい香りです。

写真

写真は屋上に植えたひと株が大きくなったところ。グラウンドカバー、いわゆる、私が造園作業をする際の「フィリングプランツ」としても超イイ子。なので、とてもおすすめです。なかでも、最近新発売された「サクラピンク」が好きな色。なのですが、去年の秋に植えたので、今年の花はまだ。写真は2年前に植えた「オーキッドピンク」。凄い元気な株でした。少し気温が緩んだら、オーガニック液肥をあげるのを忘れないよう!

下の写真は、PLANTS FOR SHADE OR SEMI SHADE の項目に入っていた FRITILLARIA PERSICA 一昨年前の3月にベスチャトーガーデンで撮影したものです。この植わっていた場所は、FULL SUN まったくもって日当たりの良い場所でした。私はフリチラリアの大型球根の夏越しをさせたことがありません。高温多湿は苦手かもね。きっと、アリウム・ギガンチュームのように、暑くなる前に掘り上げないといけませんでした。でも、素敵な眺めでした。憧れます。

写真

今度の金曜日に、イギリスに大雪とかがこなければ、ベスチャトーガーデンへ行こうと思い。車は道路凍結が心配だったので、電車の便を調べました。何曜日が便が多いかとか。やはり週末は少なかったので、金曜日に。駅からはタクシーですね、きっと。イギリスは日曜日よりは平日のほうがタクシーの本数が多いです。クリスマスなんて、タクシーの確保が難しいです。実はベスチャトーガーデン、この20年間で何十回も行ったのに、電車は今回が初めて、どんな時刻表があるのか、調べたらこんなサイトを見つけました。ホテルから目的の駅まで。地図も見ることができる。直通便ならコルチェスターまで1時間10分ですね。

写真

イギリスで、電車移動するのに便利なサイトです。でも、もっと解りやすいサイトをご存じの方、教えて下さると嬉しいな。コルチェスター駅とコルチェスタータウン駅ならタクシーが多いのはコルチェスター駅だとか?バスも1時間に一本、でもガーデンまでちょっと歩くようですね。あの国道を歩くのはイヤです。帰りはショップでタクシーを呼んでくれるとか。または、行きのタクシー運転手がナイスなら、予約してもいいかもね。

写真

それから、圧倒的な機動力を誇るレンタカーの定番は「easy car 」べらぼうに安くて便利です。早めに予約するほど安く、メルセデスベンツ A クラスが一日3〜5000円くらいで借りられました。でも、イギリスに到着した翌日のドライブは、居眠りと降雪が心配だったので諦めた。私は未だに英国の免許証あり、日本と同じ左側通行の右ハンドルで、ドライブ自体は東京よりも楽だと思っているのですが。英国の運転、とても楽しいです。いえ、ものすごく楽しい。春以降なら断然おすすめ。もちろん、自己責任の安全運転が絶対条件ですが。あーしかし、植物は欲しくなっても買って帰れないので、せめてたっくさんの写真を撮影しようと思っています。

写真

※この記事は2012年2月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。