コリウス

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. コリウス
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Impatiensコリウス

・秋の湿生花園 2(October 16, 2011)

イワシャジンは、暖地での夏越しが難しく、憧れの花ですが、箱根仙石原では、毎年見ることができます。星の王子でもレイズドベッドで水はけのよい石の際に植えたものがうまく育っている。
湿生花園のイワシャジンは、本来の姿に近い姿で咲いていて、とても素敵です。

写真2

自宅の環境でも、火山岩かなにかを使ってこうしたロックガーデン風の斜面の庭を作ってみたくなります。昔、イギリスにいる時、八尋和子さんとロックガーデンほどさまざまな植物を育てる多岐に渡るおもしろい環境はないわね。などと話していたことを思い出しますが、ロンドンの自宅では60センチほどの段差のロックガーデンを作っていました。その上をレイズドベッドにして。日本でそれをやるとどんどん和風になってしまうのだろうかと。迷うのですが。モダンなロックガーデンを作りたい。これが最近の、私の次なる願望です。植物にあった環境、作れるものなら作って行く。これが積極的な園芸へのあるべき態度かと。

写真3

風通しがよく密植されていない裸地に向く というマツムシソウも環境に合うと毎年増えてうまくいくのですが、湿り気の多い黒土の場所ではうまくいかないようです。湿生花園では、土を入れ替えて水はけの良い環境を作って元気に咲かせていました。

写真4

対して、同じに星の王子。重たい黒土で水分を好むシュウメイギクはとてもうまく行きますが、水分が切れるとうまく行かない。栽培環境の違い、って、実に興味深い。おもしろい。

写真4

こちらも、星の王子、エントランスのノリウツギ(右奥)が絶好調です。
この時期、きれいな面を作って繁茂するコリウスはどんな色を併せるかで、この庭の雰囲気が決まる。
来年は、濃いチョコレート色で眺めを引き締めてみようか。

写真4

アスターの仲間たちも水っぽい土が大好き、それでいて、ボタニカの屋上ガーデンでも繁茂する。強い植物なのですね。黄色い草花と組むと映えます。

写真4

私は、睡眠時間が少なくて疲れ気味です。特に、長時間の車の運転で目が疲れてしょぼしょぼ。だから、自分は小さい写真しかアップできないのですが、目の回りの疲れを払拭するあらゆる方法、試し中です。もっとも良い方法を見いだしたら、アップしたいです。肩こりが取れるだけでも目が開きますよね。

※この記事は2011年10月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・箱根の秋、さらに開花(September 17, 2009)

写真5

公開ワークデイの9月17日は、爽やかな快晴
湿度も低く、庭仕事が幸せに感じられる一日でした。

写真6

6月下旬に箱根「星の王子さまミュージアム」での ガーデンデザインワークが始まって以来、 今日の庭は、これまでで最高に美しい一日でした。
6月に植えた草花が順調に育ち、植え込み時に与えた肥料が 完璧な状態で効いているという実感。 3ヶ月後に出る結果の、なんて正直で如実なこと! イギリスの庭でも見事な庭は、肥料対策が万全でありましたが ここも、その点で成功しているといえます。

写真7

そして、来園者の方々の「綺麗〜!」「素敵!」といった 歓声が聞こえた時の嬉しさは、私たちスタッフ以外にも 庭の草花が誇らしげに胸を張っている様子にも現れます。

写真8

センニチコウの見事な群生。地植えパワーが全開です。
(黄色はコリウス、白花はアンゲロニア) 夏の太陽を浴び、気温や湿度が安定する秋 昼間暑くて、朝晩は気温が下がることで 花色が濃くなり、花径が大きくなる傾向があります。

写真9

もちろん花数も増えに増えました。 これは、丈夫な夏の花、ヘレニウム。

写真9

バラたちも、秋バラと思えないほど花径が大きく、 秋らしく色濃くなっています。 これは、ルージュロワイアル そして下が、黒蝶。8月からずっと咲いていました。

写真9

さて、バラ園もこの五連休が最初の見頃といえそうです。
本日は肥料を追加投入、なんとか11月まで 綺麗でいてくれますようにと、願いを込めて...。
秋のガーデニングシーズン、いよいよ本番ですね。

写真9

※この記事は2009年9月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。