コスモス

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. コスモス
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Impatiensコスモス

・秋の箱根(October 17, 2011)

写真1

秋、気温がいい感じに下がってくると元気よく咲く花があります。菊もそのひとつ。暖色系の花色が豊富なので、秋、周囲の植物が紅葉化して来た時期にも花の系統色を合わせやすい。写真は星の王子の庭。
実は、明日から庭の改修工事が始まります。 この菊の植わるエリアもすべて植物を抜いて、土を開墾。より水はけの良い土、より肥沃な土になることで来年の宿根草の開花も変わってくるはずです。

写真2

種まきで開花したコスモスの花、この品種は一つの株から替わり咲きして素敵です。蒔種の時期が少し遅かったので来年は5月には撒きたい。こうして毎年直したいことが満載。

写真3

6月に美しい姿をしていたアジサイの寄せ植えは今も素敵。このコンテナは軸のところでクルクル回るので、バランスの良いところを探してまわしている。すると、日の当たり方もうまく回って、わりにどこから見てもきれいなのであります。

写真4

これは6月の写真。

さあて!今週は、朝から晩まで怒濤駆け足の1週間。ブログの更新なるかどうかは、その時の空き時間ということで、今週も元気に頑張って行こう! 「がんばれ、わたしたち」は、先日のTちゃんの台詞。いいね。お互いに励ましあって行こう。

※この記事は2011年10月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・種まきから2ヶ月も経たないうちに!(November 09, 2009)

写真5

9月中旬に屋上ガーデンに蒔いたワイルドフラワーのタネ、みるみる間に大きくなったと思ったら、なんとコスモスの花が咲いてしまいました。スルスルスルッと伸びてパカッ!と花が咲いたのには驚きです。関東はこのところまた暖かな日々が戻り、植物はまだまだ機嫌よく生育しそうな勢い。
なので、このコスモスはこのまま今年限りか。やはりコスモスは3月にタネを蒔いて3〜4ヶ月をかけて大きく育てる方が良いでしょうね。それにしても、屋上は、この4〜5日の晴れ間にも水やりをしないトライアル中。実生は特に強いですね。周囲でちらほら咲いているのはメカルドニア。

写真6

3月からづーううっと咲いていたメカルドニアが、まだ咲いています。凄い。同じようにカレンデュラ”まどか”も3月から細々とではありますが、咲いている。ほかに5月から咲きっぱなし組は、帝王貝細工(タネが欲しいので最近は花殻摘みをしていない)

写真7

ツルバキアにミムラスにガイラルディアにコレオプシスなどなど。

写真8

「花が咲く」って、本当に嬉しいことです。
ついつい  "我が姿たとえお婆になろうとも心は常に花の真盛り..."  と呟いてしまいます。

下の写真は斑入り葉の美しい、ツルバキア”シルバーレース”左はシロタエギク”シリウス” ツルバキアは本当に良い子。どこの造園現場にも必ず使用指定する植物ですが、耐寒性が怪しいので箱根には使わなかった。常緑性球根植物です。

写真9

※この記事は2009年11月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。