ビーズ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. ビーズ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Beadsビーズ

・50代からのビーズマニア(August 31, 2011)

写真

下から、クリソコラのタンブルカット、黄緑色は、グリーンインプレッションストーン、 右上の水色はラリマー&クリスタル、小さなピンクは、ロードナイト、左上淡いピンクがローズクォーツ。
天然石は昨今、ヒーリングストーンとして話題になっていますが、たまたま良いと思って買った石が素晴しいパワーを秘めているとか、 後から能書きを読んで知ると一層楽しくなります。でも、それに頼るというより、一緒にいると嬉しい!という気持ちで持つのが良いかと。 写真のベースは20年かそれ以上は使っているビーズのデザインボード。ロンドンで買ったものでボロボロ。 で、若い頃はプラスチックのビーズ、ガラスのビーズ、そしてスワロフスキーなど。 で今は天然石、と、いっても、このクリソコラで40センチ連で4800円、ロードナイトは1800円とか。 たとえば、20世紀最高の癒し石といわれるスギライトなどの値段はそれはもう、いろいろ。 でも自分の気持ちにピタリとあうものを、すんなりと手にできる範囲で持てるといい。 なにしろ、出会いとインプレッションが天然石の良いところ。 東京は、御徒町や浅草橋に天然石問屋が多く、え”〜っ!こんなに産出して地球は大丈夫なの?と、思ってしまうし、 これは突然見てしまうとありすぎて、キラキラ美しすぎる!狼狽すること必至。 あらかじめ、ネットなどでいろいろ見ながら、石とデザインのイメージを絞っておかないと大変なことになります。 でも石はそれぞれ皆違う個性があるので、できれば実物を見て買った方が安全でしょう。

写真

左下に見えるラベンダー色の石が、スギライト。ブレスレットの完成品を買ったもので、この石は本当に一目惚れ。 今、もっとも大切にしているもの。ちょっと上にある、やや薄いラベンダー色がチャロアイト、その上の透明な深緑色は、モルダバイト原石。 隕石のかけらだそうで、眺めていると吸い込まれそう。左の水色が前述したラリマー。 ラリマー、チャロアイト、スギライトは、世界三大ヒーリングストーンというらしいです。 ほかに、緑琥珀、1世紀頃のペルシャビーズなど。こうしたビーズは身につけるばかりでなく、日々の暮らしの目先に見えていることが嬉しい。 チラと眺めたときの「ああいいなあ」と、思う気持ちが嬉しいので、そこが洋服とは違う。

写真

実は息子が夏休みの間、朝昼晩のご飯にエトセトラ、まずは気が散って、まともに仕事ができない日々、そのうち巣立っていくだろうと、彼と一緒にいる時間をむしろ楽しんでいます。特にお盆の前後など、どこに出ても混んでいるし高いし、ということでどこにも行かずべったりの家暮らしでした。一緒にビデオ見たりしつつ、そんな私も気分的に夏休みの日々。今年は、アクセサリー作りに熱中。ビーズ熱は、30年以上のコレクションによって、相当な量が箱のなかに収まっているのですが、今のコレクションは、天然石。一粒一粒に自分自身が入魂しながらビーズを選ぶ感じ。

それで作った新作(というほどのものでもないが)がこれ。首からV字に下がる飾りが、丸い顔を少しシャープに見せてくれるように思う。そして、これをしていると気持ちいい。

写真

と、まあ、簡単なシンプルデザインで天然石のヒーリングパワーも感じつつ、おしゃれを楽しむというアイデア。

このアメジストの涙型は、私がデザインをして箱根「星の王子さま」ショップで販売しようと作ったサンプルなのですが、まだ商品化にならず。
その下は、アメジストにチャロアイトをつけただけのもの。パープルが好きなので、持っているバッグや服にあわせやすい。

写真

しかし、まあ、完成品を買うより、自分で材料を買って組み合わせた方が、良いのかな。とも思うし、でも、自分がデザインしたものを誰かが身に付けてくれるのを見るのも嬉しいし。

最後の写真は、オーストラリアのオープンガーデンを巡った際、素敵なお庭を見せてくれた園芸家が、自身でデザインして売っていたネックレス。一目惚れだった。庭のデザインとアクセサリーが同じ雰囲気。このネックレスをするたび、彼女のことを思い出す。そして、珊瑚やクリスタル、ローズクォーツのパワーも感じて幸せなアクセサリーです。

写真

※この記事は2011年8月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・ビーズマニア2(September 01, 2011)

写真 写真 写真 写真 写真

どうかなと、思っていたビーズのマイブーム。思いがけずビーズの好きな方が多いことを知って、とても嬉しいです! たくさんの、類友さんからコメントをいただき、ありがとうございました。なかでも、Mさんからのコメント。おんなじなんだなあ、と思いまして(笑)嬉しくなりました。

「もうなんでしょう、私も幼少時よりのビーズっ子で(マニアといえるほどのコレクションではないのでビーズっ子。笑)、もうなんだかこのキラキラにやられっぱなしです。私も天然石にはまりまして、でもなかなか気に入るのを作るのは難しい(作っても、ちょっと飽きては、ほどいたり…好き過ぎていじりすぎて、きれたまま放置したり…笑)、しばらく御徒町や浅草橋で購入した天然石、そして、手作りアクセサリーの聖地である貴和製作所の色々ビーズ!が、箱の中で眠っておりました。でも、作品を拝見していたら、私もやっぱりあの奇跡の石たちを活躍させねば!という気分に。今日は節電休暇でお仕事がお休みなので、よーし、夏休みの宿題気分で楽しく作ってみます!ああでも、どうして、好きなものが同じなんでしょう!コーフン!他にも植物のお手入れとか家事とか色々あるのに(笑)」

そうなんですよね。おんなじです! 使わないパーツも、溜る溜る。だからどんどん作って、身につけること。なにしろ、開運とか、ヒーリングストーンでもあるので。近所のスーパーに行くときもつけると良い。台風がきて家に閉じこもって作ったのは、ローズクォーツのネックレス。あとまだ、1〜2種類の同じ色で、形違いの同じ石を足して完成としたいデザイン。すごくフェミニンな気分になります。買ったときの連を崩して、糸に接着剤をつけて強度を増して針みたいにしてあとはビーズを通すだけ。ヒモ止めやカシ目は、専門店で買ったものを使います。
私の実用品の最前線が「メガネ・ホルダー」です。老眼鏡が必要になってきた私には超必需品。近眼のめがねもサングラスでも必需品。遠近両用を持っていますが、家のなかで遠くは見ない。車の運転とか、街にでるときは必要だけど。家のなかの細かい仕事は、絶対に老眼鏡。ということで年中いろんな眼鏡を頭に載せて忘れ、2個目の眼鏡がちゃっかり乗っていることもしばしば。
そこで仕事中にもっとも重宝なのが、ホルダーです。5セットで160円の「めがね留め」を持っていれば、いろんなホルダーを作って楽しめます。眼鏡と同系色の余りビーズを使って作るホルダーはヘビーユースするので、一年ほどで壊れることあり。ちょっといいビーズを使うときは、飛び散り防止のコマ(ビーズとビーズの間に結び目を入れたり、小さな金具で留める)を入れて作ります。めがねホルダーがネックレスみたいな効果も生むので、結構大事なアクセサリーです。

最近は、超のつく強い糸や細いビーズワイヤー、ナイロンやポリウレタン製のビーズ糸がいろいろあるので、丈夫に作るのは難しくないと思います。

おすすめのお店はいまのところ、特にないのですが、似た様なお店がたくさん集中する御徒町、浅草橋はとにかく見比べて、自分のセンスと合うかどうか。安いとか、高いとかも、石のことはよく解らないので、センスにあって自分に買える値段。ということで、見比べることしか、ほかにコツはないようです。ネットのお店もありすぎて不明です。でも、見るだけなら楽しいですよね。

さあて今日から9月! 仕事も暮らしも気分を引き締めて、行きたいですね。寄せ植えの撮影が迫っているので、まだまだ蚊取り線香をじゃんじゃんたいて、ガーデニングワークに勤しみたいと思います。

※この記事は2011年9月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・ビーズマニア3(September 04, 2011)

写真

アクセサリーデザインは、もともとやりたかった仕事でした。 デザインのできるものは何でもデザインしたい。自分で作ってみたいという衝動が内側から溢れ出して、止まらなくなる。 このビーズ作業の合間にも、来週の撮影に向けて寄せ植えを作っていますので、日々やっていることはまさに多岐に渡り、 これだけではないのですが、でも、やはり、この天然石のビーズには魅了されっぱなしです。 先日、材料だけをアップしたクリソコラの天然石に、25年以上も前にローマの博物館で買ったドラゴンのレプリカ、 ペンダントヘッドを装着。迫力ある作品になりました。

写真

写真

ピンクオパールと繋ぎにロードナイトを使った小ぶりの軽いネックレス。
普段の外出、白いシャツを着る事が多いので、こんな色が肌色にマッチして使いやすいのです。

ピンクオパールは女性ホルモンの分泌や女性的な表現力を高めるとか....。

ひんやりとして、なんとなく気持ちがいいので、家のなかでもつけています。でも汗がつくのが気になるので、もう少し涼しくなるまでは、屋外の作業などでは、外しておかないといけませんね。
しかし、どんなデザインも花と同じで最初に材料ありき。自分に買える値段で、好きな形を見つけないと作れない。なにしろ、ヒモにビーズを通しているだけですから。で、このビーズは、ネットで見つけたもの。特価セールに弱い私ですが、こちらのサイトはセンスがよくて眺めているだけで、イメージが膨らみます。見るとはまって危ないですが。
サイトのビジュアルがすっきりしているから、好き。よくある、毒々しい色が踊るビジュアルのサイトは目が疲れてしまうので。

写真

タンブルカットのビーズを探していますが、これが、追加で加わったローズクォーツ。それぞれをバラバラに作って、一本づつつけられるようにすることで、普段用、華やかなオケージョン用と分けられる。これを首回りにつけると、守られているような気持ちになります。

写真

何年か前から世間もビーズブーム。デパートなどの手芸コーナーにもさまざまなパーツが充実しています。ビーズのコードもいろいろあり、200円とか300円。それも手作りの楽しさを加速させる。

写真

眼鏡のホルダーもコードを活かしたデザインならビーズをコマ結びで留めるだけ。左は色の個体差があるスギライトをグラーデーションに染められたコードで。右は、ハワイの巨大な手芸店で買ったガラスビーズの詰め合わせから色取り楽しく。

写真

写真

収納は、先日ジュエリーデザイナーのイトーさんに教わった無印のジュエリーボックスを使用。ひと目で見えるし、満月の夜は、このまま一晩西の窓辺においておけば、月光浴をさせて石にエネジーチャージもできる。一番下の段には、クリスタルのさざれ石を入れておくこともできる。
欲しい!という方の声も多いので、そのうち、売れるようになると良いのですが....。ビーズって、問題は、最後のジョイントの処理。ここが器用さを要求される部分なので、丈夫さとか、仕上げの美しさとか。プロはここが違いますね。最後の写真、一番したは、ローズクォーツのタンブルカットにベイジュのレザーロープをつけたもの。今、一番好きな仕上げ方です。右に見えているのは10年ほど前にギリシャで買った古代風デザインのリング。やはりどうも、ローズクォーツが気になって。

写真

※この記事は2011年9月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。