アマリリス

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. アマリリス
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Amaryllisアマリリス

・アマリリス バコパ プリムラ(January 29, 2013)

さまざまな方々から興味深いコメントをいただきます。ありがとうございます。

写真

先日、アマリリスとユリの見事な花束をいただきましたが、実はあれから2週間、アマリリスのほうが、まだまだきれいに咲いています。アマリリスすてきです。

おそらく昨日、いただいたコメントのなかに「ibuhato の窓庭」さん、アマリリスが素晴しく開花する。という話題に目を見張りました。以前、Bises誌や園芸ガイド誌のガーデン大賞でお目にかかった素敵な窓辺のお庭ですね。あのときの、園芸ガイド誌は私の作った寄せ植えが表紙になっておりました。

写真

アマリリスは秋になると庭のどこかしらで自然開花するものだと思っておりましたが、秋に球根を植えた後、一度、寒さにあてておいて1月、部屋のなかで開花させるアマリリスの見事なこと!実は以前、宅急便の集荷所でも、それを年末に売っていたので、実家へのおみやげで買ったことがあります。巨大なオランダの球根のパックです。そのまま水をあげれば開花するというシロモノ。あれ、そういえば、去年の2月ころに咲いていたけれど、翌年は、どうしたかな?母のことだからどこかにあるはず。

写真

それにしても、アマリリス、開花すると見事で気持ちが晴れ晴れしますねえ。これだけ立派なアマリリスが咲くと!写真もお見事で、ブログの命ともいえる写真の輝き感がありますね。
私は小さくて可憐な花も大きくてダイナミックな花も両方好きなので、その良さをそれぞれに発見するときが一番楽しいです。


12月はさまざまな花が売っていましたが、今は一番材料の少ない時ですね。イベントや撮影などには、材料探しが大変です。

写真

大花、小花の組み合わせにバコパの小花は使いやすいのでつい手がでますが、0度以下になる私の地域では、冬越しが難しいので、軒下へ。最近は、重たい素焼き鉢が苦手ですので、軽くて移動しやすい容器につい目が行きます。これは自分でペイント。ペイントしたほうが、すこし丈夫になります。

写真

さまざまなメーカーさんのバコパがあり、それによって開花の度合いも色も、いろいろあり。アリッサムみたいにずっと一様に咲くということはないので、そこがロングライフの寄せ植えには悩みどころ。

写真

大好きな、プリムラ’アラカルト’。かわいい色です! 開花株は、12月から咲いたのが売っていますが、去年冬越しした株(!そうなんです、去年、始めて夏越させました。と、いっても日陰で放置でしたが)は、まだ花芽も見えていませんが、葉っぱだけは元気に広がっています。

庭にでてみると、ユキヤナギの芽がどんどん膨らんでいます!家のなかで始終仕事をしていると、どうも鬱っぽくなるので、お昼休みはハサミを持って庭にでることに(でも、きっと1時間で終わらないぞ)。

※この記事は2013年1月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・オランダのアマリリス開花(August 09, 2012)

写真

6月に開催したオランダツアー。もう、随分前の事に感じますが、アムステルダム、シンゲルの花市場で購入したアマリリス。見た事ない大きさで安かったので、つい買ってしまった。

写真

これは素敵な珍しいレモンライム色だと、買ってしまった。でも、あまりにも大きくて重くて、買った後でゴッッホ美術館内を歩きながら、後悔した球根2個。

写真

帰国後は、あまりの忙しさですぐに植え付けができなかった。北海道に2度行って、いっぱい仕事して、あー、早くやらなきゃー!ーーっと、やっと植えたのは、6月27日。植えたとき、すでに随分葉っぱがでていました。

写真

パリへ飛び立ったのが7月17日で、実はそのときすでに二つのうち、ひとつは、蕾が上がりつつあった。行ってる間に咲いちゃうかも。そんなスピードでした。

写真

帰ってきたら、案の定、もうひとつの株は咲き終わっていた。でも、もうひと株は未だにたくさん咲いています。でも!あの時、選んだのは、黄緑色だったのです!どうも、二株とも赤で咲いた。決して悪い赤ではないのですが、自宅の庭に赤は絶対に選ばない。でも、まあこれもまた善し。としよう。球根って、咲いてみるまでは不明の花色、いつも不信感ちょっとあり。

写真

アマリリスは、春からある程度の気温のある初秋まで、見事な生命力で咲いてくれますね。また来年も咲いてくれるかな?オランダの思い出も一緒なので、来年もぜひ咲いて欲しい。そのためにも植え付け時の肥料、お礼肥しっかり、アマリリスは乾燥には強いほうなので冬はからからにして冬越しをさせますが。

写真

アムステルダムのホテル、セブンワンセブンにて。インテリアデザインのシンメトリーの徹底ぶりが、勉強になる。

写真

朝のお茶。やはり、ロイボスティーのフレーバーがたくさんあった。

写真

私がもっとも気に入っていたのが、このレモングラス&シナモン入りのロイボスティ。20パック入りで150円でした(1、5ユーロ)。普通のロイボスは日本でも手に入りますが、この手のフレーバーティは、手に入りにくい。ロイボスティとオランダの関係、もちろんオランダの植民地の関係があるのでしょうが、こんなにおいしいお茶が、他の国であまり売っていないのが不思議です。

写真

ま、ほかにも美味しいお茶はいろいろあります。本当に大切なのは、美味しい「お茶を飲む時間」です。

*ブログをアップしないとすぐに心配を頂き、申し訳ないのですが、忙しい日々、出張や現場仕事の多いときは、朝7:00に家をでて、夜9時すぎに帰宅するなど、ブログを書けない日々も続きます。現在超健康ですので、どうかご心配なく...。明日も終日家外出です。

※この記事は2012年8月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。