アネモネ

アイリスガーデニングドットコム
  1. 吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード
  2. アネモネ
吉谷桂子さんのガーデンライフキーワード

Anemoneaアネモネ

・マゼンタ色への挑戦(November 28, 2009)

大好きなアネモネの花が市場に出始めました。

写真1

アネモネは球根から育てるよりも、
冬の芽出し苗を買ったほうがお得です。
関東以西の気候なら12月〜4月ころまで次々に咲き続けるから。
球根からだと、発芽から開花まで、春を待たなければいけませんが芽出し株なら、冬の間から大きな花が繰り返し咲き、楽しめます。

私がいつも購入するのは、ブルー・パープル系です。

写真2

この写真のような、濃いピンク、マゼンタ色は苦手です。この色はガーデンデザインの現場では「なるべく使わない」その理由は、葉っぱの緑色や他の花との相性が難しいから...。
色彩構成で庭を考える時に常々思います。

濃いピンクのペチュニアも同じ理由で避けます。
あのようなベタなピンクのシャツにこんな緑色のスカートを合わせないでしょう。という感じで。

インテリアもエクステリアも、生活における色の効果や組み合わせは大切です。生理的な気分さえ左右します。
明るい気分になったり、落ち込むことさえあります。

特にまた、東京の黄味を帯びた空気の色との相性が悪い。
色彩が濁って見えます。逆に北海道や八ヶ岳、箱根・仙石原のように、色温の低い地域ならクリアでスカッとした色味がでるのですが。

実際、上のアネモネの写真は早春のロンドンで撮影したので少し透明感があり、写真では勿論、綺麗だと思います。

下の華やかなガーデンシューズは今年の夏、パリで撮影したもの。

写真3

一つ間違えると悪趣味になりそうに派手な色ですが。
多色の組み合わせも、良い趣味ならパワフルです。
それを見た人は、そのほうが楽しい気持ちになるんじゃないかな。

ファッションデザイナーのC・ラクロアの色使いは参考になります。
シックなモノトーンやアースカラーの集合は間違いなく
エレガントですが、「インパクトがない」ので
不特定多数の人々に感動を与えられない。とは大げさかしら。

でも、気づいてもらえないことがあります。「地味ね」と一蹴り。何度か、そういう目にあっている私は、悔しくて・・・
反省もしているのです。

来年は、派手でベタなピンクにも挑戦する。以前嫌いだった黄色の花を、今年は贔屓にしたように。

結局、花のある景色を作ることの最大の意味はそれを見に来てくれた人々の「お褒めの言葉」

花のある景色は、美しくて当然だけれども。
それが一層美しく見えるように工夫するのがガーデナーの生き甲斐。とはイギリスで体得した感覚です。

「自分だけが楽しい」のではダメ。どうしたら、喜んでいただけるかの切磋琢磨。

来年のバラとガーデニングショウのプランが始まりました。
日程も5月12日からと正式決定していよいよ本格的に稼動します。

※この記事は2009年11月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


・自分好み&ポートフォリオ(December 21, 2011)

写真4

冬はどんな花が好き?って、私はアネモネ。本当に寒さに強く、春まで、繰り返し咲くのが特に好き。あなたは?
アネモネのなかでも、ブルー系が個人的にな好み。でも、自分では完璧だと思って作ったあったアネモネの入った寄せ植え。撮影前にアネモネが折れてしまい。ここ数日、ガーン。大事なスパイスはまさにこの一輪でした。あまりに好きな色。この花が咲くとどんな色になって行っただろうかと。
実は、不注意といえばそれまでですが、このところ足がもつれて転びかけたり、変なミスが多く、忙し過ぎでストレスが溜って自律神経失調ぎみだったかなと思います。まっすぐ歩けなかったり、机の角にぶつかったり。なので、自分の赤信号には早めに気づきましょうね。

で、今の私は大丈夫。ここできっちりガス抜きしています。 こういう時はね、どんなに忙しくても、好きなことをやり遂げるべき。

人間は、極限の我慢なんてできない。ここから先の我慢が難しいと思ったら「息抜き」も必要。絶対に行き抜きしよう。

写真5

個人買いしたのは、このプリムラ。自己満足の寄せ植えです。脇役で植えたのは、一体何年前に手に入れたのかも思い出せない庭の端っこで生き延びていた黒龍とヘデラ’ユキホタル’。(ところで、いつも、いつも、ヘデラの文字変換が「屁寺」となるので、一体誰がこの変換を決めたのかな、It is a nuisance  )いつもいつも他人が見たらどう思うのか。その客観性を自分のなかで突き詰めているので、たまには、身勝手で、自分の理想で、自分が嬉しかったら良い、と思うようなものも作るべきかと思います。じゃないとストレスが溜っちゃうのでね。

写真6

いつか、花が咲くと白いのが咲くらしいのですが、どうなるかな?

ところで、皆様、自分のポートフォリオって、作っていますか?

「ポートフォリオ」を作ろう。

写真7

そういう意識で、寄せ植えや自分の仕事の記録を 録っておくとよいと思います。何となく記録ではなく。
仕事じゃなくても、自分のガーデニングへの情熱としてでも。誰かに見てもらう前提で。

そこで、ポートフォリオ用の写真を撮るためには、セッティングが大事、完成した寄せ植えが一層きれいに見える仕掛けなど。その背景には左右されるので、その背景は、可能な限り、シンプルな状態がよいです。

カメラマンのKさんに余り物のサベージ (背景紙)を頂いたので、それを使って撮影したのが上の写真。ライトグレーです。

専用の素材なくても、ベニヤの半分とか、A全サイズの紙で良いので、作った寄せ植えは周囲にゴチャゴチャとした生活のものがない状態で撮影しておくと、いつか、役に立つときもあるのではないでしょうか?

意識的に生きると、少しづつ、スキルアップできる。

ちょっとの努力。

写真8

ところで、買ってきたばかりのプリムラは葉組みがぐちゃぐちゃだったので、組み直してすっきり、片付いて見えるように手を入れました。この写真と、下の写真、印象、違うの、わかるでしょうか?
葉組み、思っている以上に大事だと、最近強く思います。

※この記事は2011年12月に書かれたものです。文中のイベント、雑誌掲載の情報等は終了しておりますのでご注意ください。


pagetop

吉谷桂子さんの大人気コーナー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。