植物の防寒対策基礎知識

アイリスガーデニングドットコム
  1. 植物の防寒対策基礎知識

植物の防寒対策 基礎知識

日に日に寒さが厳しくなってきました。
朝の冷たい空気は澄みきっていてキレイですが、お布団から出るのはなかなか勇気が必要ですよね。
本格的なさむ〜い冬がもうすぐそこまでやってきています。
寒さが苦手なのは私たち人間ばかりではありません。
多くの植物は春に色鮮やかな花や葉をつけるために、土の中で寒さに耐えているのです。
そこで寒さを少しでもやわらげるために、簡単にできる冬の防寒対策をお教えします。

1.植物の耐寒温度を知ろう!

植物によって耐寒温度はさまざまです。
まずは自分の育てている植物がどのくらいの寒さに耐えられるのかを調べましょう。
耐寒温度とは・・・植物が生育していくのに必要な最低限の温度のこと

主な植物の耐寒温度

耐寒温度 植物
0℃〜3℃ アボガド、アロエ、クリスマスローズ、ゴールドクレスト、ジャスミン、セネシオ、ゼラニウム、レモングラス、ローズマリー
3℃〜8℃ アジアンタム、アイビー、オリズルラン、ガジュマル、ゴムの木、シクラメン、シンゴニウム、ヘデラ、ユッカ
8℃〜10℃ アナナス、カラテア、コーヒーの木、サンセベリア、ドラセナ、ハイビスカス、バジル、ベンジャミン、ポインセチア、ポトス
10℃〜15℃ カトレア、カラジウム、クロトン、デンドロビューム、パンダナス、フィットニア

2. 冷たい風から守るには?

冬の冷たい風は乾燥していて、植物に大きなダメージを与えてしまいます。
できるだけ風に当たらないように工夫をしてあげましょう。
比較的、冬でも暖かい地域ならば、軒下に置くだけでも風よけになりますよ。

ビニール袋で植物を覆いましょう。

これだけで立派な風よけになるのです。
ただし、植物も呼吸をしています。
蒸れ防止のためにすき間を作ることもお忘れなく。新聞紙で巻いても効果的ですよ。

ビニール袋で覆いましょう

風から守る

室内に取り込みましょう。

受け皿やスタンドを使用すれば室内に取り込むこともできます。
できるだけ日当たりの良い場所で管理しましょう。
※屋外から室内に取り込む際は植物の状態(病害虫・土の状態など)を確認しましょう。

受け皿はこちらから
(アイリスプラザへ移動します。)

スタンド

日当たりのいい場所に

▲このページのTOPへ

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。