1. アイリスガーデニングドットコム
  2. コンパニオンプランツで害虫予防(Page1)
コンパニオンプランツで害虫予防
Page.1/3


野菜収穫野菜栽培での悩みのタネは、病害虫の予防です。自分で野菜を作るなら、できるだけ自然にやさしい方法で栽培したいものです。最近では、農薬のように虫を殺したりすることはできなくても、一緒に植えることで、虫を防いだり生育を促進させる植物の組み合わせ「コンパニオンプランツ」が見直されています。
今回は、いま注目されている「コンパニオンプランツ(共生植物)」を使った病害虫の予防法をご紹介します。



「コンパニオンプランツ」とは?

一緒に植えると、「お互いによい影響を与え合う組み合わせ」の植物を「コンパニオンプランツ」といいます。
主な効果は、

(1)植物の持つ香りや分泌液で病害虫を寄せ付けにくくする。
(2)天敵となる昆虫を呼び寄せて害虫を駆除する。
(3)生育を促進させる。
(4)風味がよくなる。

などが見られます。
しかし、「コンパニオンプランツ」には、昔からの経験をいい伝えてきたものが多く、科学的な根拠がはっきりしていないものが多くあります。劇的な効果は得られないことをふまえたうえで、取り入れてみてください。

ガーデンイメージ



「農薬」とは?

「コンパニオンプランツ」の対極にある「農薬」。
「農薬」と聞くと、「キケンなもの」「害のあるもの」「化学物質」というイメージが浮かびませんか。しかし農薬登録の認可を受けるには、さまざまな試験をおこない、使用量や使用回数、使用する期間が決められ、安全性が確認されているものだけが認可されるのです。
「コンパニオンプランツ」では、「農薬」ような劇的な殺虫効果は得ることができません。
ガーデンイメージ 「農薬」は、人間の薬と同じように「適正な量」と「使用方法」を守れば、危険なものではありません。適正な薬を選んで正しく使用することが大切なのです。

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。