1. アイリスガーデニングドットコム
  2. 花苗の選び方・植え替え方(page1)

花苗の選び方・植え替え方

春爛漫♪街には色とりどりの花たちが所狭しと並び多くの人の目を喜ばせてくれています。
「自分の家にもお花を飾って楽しみたい!」とお店に足を運ぶ人も多いのではないでしょうか?
今回は花苗を選ぶポイントと植え替え方のポイントをご紹介。
花苗を手に入れたら、お気に入りの鉢に植え替えて、もっとガーデニングを楽しんじゃいましょう♪

花苗を選ぶポイント

  • 根の張り具合をチェック
    根の張り具合をチェック

    お店で花苗を選ぶ時は、まず手にとって、根元をみます。
    少し揺らして根元がぐらぐらしていないものを選びましょう。

  • 苗の生育状態をチェック
    苗の生育状態をチェック

    花丈が間延びせず、しまっているもの、葉が四方に茂っているものが良い苗です。
    同じ花で花丈が違う場合には、葉の茂り具合と花芽の数を見比べてみて、どちらも状態が良いものを選んでください。
    必ずしも大きいものが良い苗ではないのでご注意を!

  • 病害虫のチェック
    病害虫のチェック

    葉の裏に害虫がいないか、葉に細かい斑が出ていないか、 白い粉がふいたようになっていないかなど、確認します。
    表面の土の状態も見て、カビなどが発生していないか確認してください。

植え替え

  • 用意するもの

    お好きな花苗
    鉢(ポット苗より一回り大きいもの)
    ゴールデン粒状培養土 花用
    スコップ(土入れ)
    ジョウロ

  • G粒状培養土

    ここでは培養土に『アイリスオーヤマのゴールデン粒状培養土』を使用します。
    ゴールデン粒状培養土は水はけがよく、植物の生長に欠かせない栄養素がしっかり含まれていますので、植え替え時に鉢底石や肥料を使用しません。
    他の培養土を使用する場合は、鉢底石や置くタイプの肥料を用意してください。

1
1

植え替える鉢は花苗より一回りか二回り大きなものを選びましょう。
今回は鉢底がメッシュ構造のプラスチック製鉢ですのでそのまま使用しますが、素焼きの鉢など、鉢底に穴があいている場合は鉢穴に鉢底ネットを置いて土の流出と害虫の侵入を予防しましょう。

2
2

下土を入れます。
下土の上に花苗を置いた時に、苗の根元の高さが鉢の縁から3cmくらい下になるように、培養土を入れてください。

3
3

ゴールデン粒状培養土以外の培養土を使用する場合は 水はけをよくするために、鉢底石を底が見えなくなるまで入れましょう。

『鉢底石』詳細はこちら>>

4
4

花苗を黒ポットから外す時は、ポットの下をつまんで花苗を浮かせて、手で花苗をおさえながら逆さにしてはずします。
(花をひっぱるようにしてはずしてしまうと、根の張りにダメージを与えてしまうのでやめましょう)

5
5

根を傷つけないように花苗を鉢の中に入れて、花苗のまわりに土を入れます。

6
6

培養土は鉢いっぱいに入れずに、水やりの際に土が流れ出ないように、鉢の縁から2cm程度余裕を残して入れましょう。

7
7

植え替えが終わったら、鉢底から水が出てくるまでしっかり水やりをします。

花を置く場所は、日当りがよい場所、半日陰、日陰、

使用したアイテムはこちら
  • ゴールデン粒状培養土花用
    ゴールデン粒状培養土

    植物の生長に必要な栄養素が予め含まれているのでそのまま使用できます。

  • プランター
    プランター

    大きさやカラーが選べるプラスチック製のプランターです。

次は水やりなどの管理方法をご紹介します。

次のページはこちら

ページTOPへ

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。