植物の育ちを楽しみながらナチュラルな庭作り#65 なおさん

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリスガーデニングドットコム
  2. 素敵なお庭紹介
  3. 植物の育ちを楽しみながらナチュラルな庭作り#65 なおさん

お庭イメージ

植物の育ちを楽しみながらナチュラルな庭作り/なおさんのお庭

最初は興味がなかったけれど、「せっかくお庭があるのだから」と始めてみたらすっかりハマってしまったガーデニング。狭くて小さくて変形の庭ですが、少しずつ植物を増やして3年が経ちました。まだまだ手付かずの場所がたくさんありますが、花壇やアプローチを手作りして楽しんでいます。子供が生まれて、以前のようには手入れが出来ていませんが、時間を見つけては手入れの楽な庭へと作り変えていっています。。
1年中花の絶えない庭を目指して、これからも楽しみながら庭作りをしていきたいです♪

お気に入りの場所

  • 画像
  • 画像

バラや宿根草が少しずつ成長し、殺風景だった庭を季節ごとにいろいろな表情で彩ってくれるようになりました。アーチや立水栓も自分達で設置して、手作りのガーデニングを楽しんでいます♪

  • 画像

駐車場からアーチへ続くアプローチ。以前までの平板を撤去して、枕木調プレートに変更。白い化粧砂利だった部分に「くるカラ」を敷きました。ナチュラル感が増して大満足です。

  • 画像

ポストのポールを隠したくて植えたロータスブリムストーン。すっかりワサワサでいい雰囲気です。植物がナチュラルに自由に育ってくれると嬉しくなります。

  • 画像

アーチをくぐるとレンガ屋根の小さな壁があり、その脇にジャンクボックスやミルク缶と一緒に雑貨や花を飾っています。

  • 画像
  • 画像

物置へはレンガのアプローチが続いています。左右に植えた小さな苗達もすっかり大きくなりました。
横に置いてあるのは、祖母からもらった大きな脚立。バラとクレマチスを足元に植えました。つるを伸ばして脚立に絡む日が待ち遠しいです。

手作りの花壇

  • 画像
  • 画像

駐車場脇の花壇です。白い木製のウェルカムサインや大きな白い車輪、倒した枕木の上にはアンティークのジョーロ、チャイルドチェアやバードフィーダーも置いて、植物と雑貨の共演を楽しんでいます。
深さ50cmほどある大きなバケツの寄せ植え。アンゲロニアやジニアなど夏の暑さに強い植物が大きく育ってくれました。季節の移り変わりで花をチェンジしています。

  • 画像
  • 画像

ここはバラや宿根草を植えた手作り花壇。初夏にはレースフラワーやスノークラウドの白花が綺麗に咲いてくれました。少しずつ咲く時期をずらして植えた宿根草、レースフラワーの後にはモナルダやブッドレアが花壇を彩ってくれました。

  • 画像

暑い時期、あっという間にワサワサになった、ちょっぴりジャングルな空間。チャイルドチェアに置いた寄せ植えが隠れるほどに伸びたボッグセージ、 グリーン一色の中にヒューケラ・キャラメルがいいアクセントになっていたり、エリゲロンがこぼれ種でどんどん増えていたり♪ 銅葉のカツラの木が数年後大きくなって、木陰を作ってくれる予定です。

  • 画像

レンガを覆うように成長したヒューケラ、レンガ沿いをどんどん生長していくカモミール、こんな、人の手では作りだせないナチュラルな空間を見つけると嬉しくなります♪

バラ・クレマチス

  • 画像
  • 画像
  • 画像

庭の中で一番多いのはバラです。一番最初に買ったのはニューウェーブとピエール・ド・ロンサール。魅力的なバラにどんどん引き込まれていき、今では20種類以上のバラを育てています。バラ専用の花壇を新設して、鉢バラを全て植える予定です。狭い庭なので限度はありますが、お気に入りのバラを少しずつ増やしていきたいです♪

  • 画像

庭の入り口にある3mほどのアイアンのアーチ。 毎年このピエール・ド・ロンサールが咲く季節はとっても華やかになります♪植えて3年が経ち、花数も200近くになりました!

  • 画像

ウッドデッキに並べた鉢植えのバラ。花台やボックスを使って高低差をつけて並べています♪

  • 画像
  • 画像
  • 画像

クレマチスも大好きな花のひとつです。アーチで咲いているのは、冬咲きアンスンエンシス。花の少ない冬に300もの花を咲かせ、とっても華やかです♪

種・球根から育てたもの

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

秋には種を蒔いたり、球根を植えて、春の庭作りを始めます。種から育てたオダマキが2年目に初めて咲いて、とても嬉しかったのを今でも覚えています♪少し手が掛かりますが、自分で蒔いた種が花を咲かせる喜びを知ってしまうと、やめられません。。

寄せ植え

  • 画像

バケツに鉢ごとポンっと入れたラベンダー。ブリキの雑貨と植物は相性ぴったりで大好きな組み合わせです。

  • 画像

秋色の寄せ植えを作りました。主役はボルドー色のサルビア。千日小坊、ユーパトリウム、黒竜と合わせました。日がよく当たるこの場所であっという間に大きく育ちました。サルビアの花期が終わったら、ビオラに変えようと思っています♪

  • 画像
  • 画像

玄関前にある多肉棚です。ここは日当たりも良く、軒下なので多肉植物にぴったり。小さな苗を寄せ植えにしたり、ボリュームのある大きな苗は単植にして楽しんだりしています。
多肉植物を育てるのがあまり上手ではないので、そんなに数は持っていませんが、少しでも楽しみながら育てたいと思い、かわいい容器に植えるようにしています。

ディスプレイ

  • 画像

板塀に掛けたジャンクボックスにも多肉植物を置いています。アンティークのシフターには寄せ植えを、ミニバケツには秋麗を植えています。雨でも雪でもこのままで、たくましく育ってくれています!

  • 画像

別の場所の板塀には白いシェルフやウィンドウ型ミラーを飾っています。小さな雑貨や多肉植物を並べて楽しんでいます♪ミラーは空間に広がりを与えてくれます。

  • 画像

春になると作るミモザのリース。玄関に飾ると幸せを呼ぶと聞いたのでいつものリースとチェンジ! 玄関ドアが春の装いになりました♪

プロフィール

  • なおさん(女性)
  • なおさん(女性)

    住まい
    一戸建て
    ガーデニング歴
    3年
    お気に入りの植物
    バラ・クレマチス・ハーブ・多肉植物
    ホームページ
    ちょこらいふ☆ 〜vol.2〜

編集部より

  • 今回は、季節ごとにたくさんの花が彩りを見せてくれる、なおさんのお庭をご紹介します。
    アーチいっぱいに咲くバラ、ワサワサと植物が広がる花壇、ジャンクな雑貨など、ナチュラルでかわいらしい魅力にあふれたお庭ですね。お庭のあちこちに置かれた寄せ植えも、大きなバケツにドサッと植えられていたりして・・・そんな自然で素朴な感じがとても素敵です。また、種や球根から育てていくのも好きというなおさん。植物たちの生長を楽しみに、愛情を持って庭作りをしている様子が伝わってきますね。
    小さなお子さんがいるということで、手入れしやすいお庭にしていきたいとのこと。これからは、より簡単に素敵な庭が作れるアイデアなども、ぜひ参考にさせていただきたいなぁと思いました。

▲PAGE TOP

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。