憧れのイングリッシュガーデンを実現!#35 が〜やん&きたはりまさん

アイリス暮らし便利ナビ
  1. アイリスガーデニングドットコム
  2. 素敵なお庭紹介
  3. 憧れのイングリッシュガーデンを実現!#35 が〜やん&きたはりまさん

お庭イメージ

憧れのイングリッシュガーデンを実現!/が〜やん&きたはりまさんのお庭

英国風の庭に憧れて、私(きたはりま)と妻(が〜やん)の二人三脚でガーデニングを楽しんでいます。年を追うごとゾーニングを考えながら庭を広げ、今では「ホワイトエリア」、「ローズエリア」、「エンゼルエリア」、「トピアリーエリア」の4つのエリアで構成されています。

ホワイトエリア

  • 画像

この場所は英国、シシングハースト・キャッスル・ガーデンのホワイトガーデンに憧れ、誕生した場所です。

  • 画像

ナニワイバラのアーチをくぐると広がるホワイトエリア。下の方はクレマチスが咲いています。

  • 画像

オオテマリ、コデマリが満開の様子。シロモッコウバラも咲き、いい香りが漂います。

  • 画像
  • 画像
  • 画像

〜ホワイトエリアに咲き誇る花〜

その他に、バラ(スノー・グース、ローズマリー)、スノーボール、ジギタリス、ウツギ、シャクヤク、カンパニューラなど。白だけの花で構成するって思った以上に難しく、植えていた青のムスカリが出てきたり、こぼれダネが次の年白とは限らず…かといってすぐ摘み取ることもできず…。悪戦苦闘ですがとても気に入ってる、やりがいあるエリアです。

ローズエリア

  • 画像

ローズエリアはその名の通り、バラ中心のエリアです。
こちらは、ローズエリアからエンゼルエリアを望むお気に入りアングルです。

  • 画像

バラのアーチと置物のウサギは、ローズエリアのフォーカルポイント。

エンゼルエリア

  • 画像

こちらのエンゼルエリアは、エンゼルのオブジェを、西洋芝の緑と色鮮やかなデルフィニウム、チドリソウなどの花が引き立てます。広すぎる間口は麻ロープで仕切り、アクセントを。

  • 画像

バラ(アンジェラ)のアーチ越しにクスノキ、クレマチスが顔を覗かせます。

  • 画像

バラやチドリソウなどの花の季節が終わると、樹木類が主役に。前からクスノキ コニファー(ブルーワンダー)。足元には巨大ホスター、ニセアカシア、その左手にセイヨウニンジンボク、スモークツリーが続きます。

トピアリーエリア

  • 画像

数年前に両親の花壇を譲り受け、トピアリーを使ったエリアにしようと決めました。ツゲを刈り込み、花壇の縁取りに。ポイントは、麻のロープで通路を縁取りしているところです。

  • 画像
  • 画像

植え込むお花は、季節ごとに変えて楽しんでいます。春はチューリップやパンジーが主役。夏はベゴニア。花壇の周りに咲く植物との共演も楽しみの1つです。

プロフィール

  • がーやんさん  きたはりまさん
  • メインガーデナー がーやんさん(女性40代)

    芝生・ブログ作成 きたはりまさん(男性:50代)

    住まい
    一戸建て
    ガーデニング歴
    7年
    お気に入りの植物
    ジキタリス、デルフィニューム、バラ(イングリッシュローズ、オールドローズ)
    受賞歴:
    2006年  (株)主婦の友社「園芸ガイド」ガーデニングコンテスト グランプリ、2007年 「第10回コメリ・ドットコム」ガーデニングコンテスト グランプリ
    ホームページ
    「フォーラルにイングリッシュガーデン」
    http://kitaharima.blog99.fc2.com/

編集部より

  • 日本にいながらイングリッシュガーデンを満喫できる素敵なお庭です。 数々のコンテストでの受賞も納得!1度に4つのエリアを楽しめるのも魅力ですよね。その中でも、純白のお花たちに囲まれた「ホワイトエリア」は、圧巻。白1色でまとめた努力が垣間見えます。 そんなが〜やんさんときたはりまさん夫妻の素敵なお庭が、実際に拝見できるオープンガーデンのイベントがありますよ!お近くの方は見なきゃソン!ぜひが〜やんさん、きたはりまさんに庭づくりのお話を聞いてみてくださいね。いろいろなアイディアが出てきそうですね!詳しくはブログをご覧ください!

▲PAGE TOP

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。