ガーデニング作業カレンダー

アイリスガーデニングドットコム
  1. 5月の作業:大きく育った観葉植物を「とり木」で増やす

ガーデニング作業カレンダー

5 月の作業

大きく育った観葉植物を「とり木」で増やす

とり木

大きくなりすぎて間延びした観葉植物は「とり木」で増やすことができます。
「とり木」とは、発根させたい部分の表皮をむいて保湿し、根が出たものを土植えにして増やす方法です。梅雨時までの湿度の高い今の時期が「とり木」に最適な季節です。

植え付け方法

  • 1大きくなりすぎたゴムノキやシェフレラ、ドラセナなどは、切り戻しを兼ねてとり木を行うとよいでしょう。切り戻しを行う位置を決め、2cm幅で表皮を取り除きます。株元から15〜20cmで行うのが一般的ですが、植物の大きさに応じて変えてみましょう。株元から15〜20cmで行うのが一般的ですが、植物の大きさに応じて変えてみましょう。

  • 2表皮を取り除いた部分に湿らせた水苔を巻き、ビニールで包みます。ビニールで水苔がずれないように包み込み、上下の端をひもで結びます。上のひもは水苔が乾いたときに水やりができるよう、ゆるめに結びましょう。上のひもは水苔が乾いたときに水やりができるよう、ゆるめに結びましょう。

  • 3ゴムノキやドラセナなどは2〜3ヶ月ほどで根がはえてきます。根がはえたら切り離し、赤玉土7腐葉土3を混ぜ合わせた土に植えつけします。根がはえたら切り離し、赤玉土7腐葉土3を混ぜ合わせた土に植えつけします。

  • 4植えつけ後はしばらく半日陰に置き、雨に当てないようにします。

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。