1. アイリスガーデニングドットコム
  2. マイ・プランツ・オブ・ザ・マンス
  3. 2003年8月 インパチェンス
マイ・プランツ・オブ・ザ・マンス

2003年8月 インパチェンス

インパチェンスの寄せ植え インパチェンスの寄せ植え

さて、8月の植物は何にしようと、私の庭を見回してみました。
やはり8月、私の庭は、花が乏しい状況です。
梅雨が、わりに涼しかったのと、太陽の出番が少なかったせいでか、あまり、花はありません。
そんな中、かなり華やかで元気なのが、インパチェンスです。
私の庭には、さまざまな植物のコレクションがありますが、そこにはたくさんの日陰があります。春の間はその足元でパンジーやペチュニアなども元気に咲いていましたが、今はもう見るも影なし。

特に春先寄せ植えにしたペチュニアは梅雨の後は衰えるばかりで、やはり、あの花は寄せ植えに向かないと思います。余談ですが、ペチュニアはペチュニアだけで単独で植えたほうが、立派に育ちます。寄せ植えを嫌う傾向があるのかもしれません。
でも、インパチェンスは、あらゆる隙間に植えた場合にも、たくさんの花が咲いてニギヤカ。やはり、どんな花でも元気に咲いていると可愛いものです。

インパチェンス
わが家の一隅

さて、英国におけるインパチェンスの愛称は「ビジィ・リジィ」です。ビジィは英語のbusy。この場合は、にぎやかでゴテゴテというような意味で、それはこの花のイメージに合っているかも知れません。リジィはエリザベスの愛称。さしずめ、英国的な女性名の代表でしょうか。英国の友人がこの「ビジィ・リジィ」という花の名を口にする時、ちょっと馬鹿にしたような響きがあったことを思い出します。
他人の庭に対して「あの庭は、ビジィ・リジィばっかり植えているような庭だから...」などと、単調に咲く花ばかりを集めて安易に庭を作る庭を批判していた訳ですが、同調しながらも私「これじゃうっかり庭にインパチェンスは植えられないなあ」と思ったものです。

まあ、確かにインパチェンスは、一カ所にたくさん植えると、びっしりと勢揃いに花が咲くせいで、見た目が単調になりやすく注意が必要です。でも、夏の暑い時期、これほど手がかからず、日陰でも盛大に咲く花は珍しい。それに、この花の最大の長所は、水さえ切らさなければ、根腐れも起こさず、あまり日の当たらない場所でも律儀によく咲いてくれることです。
家の周囲に、日当たりに恵まれない殺風景な場所は、いくらでもありますよね。陰気な場所には、少しくらいビジィな花を飾ったって良いと思います。空間全体を明るくしてくれる軽い色、淡いピンクや白の花を選んだり、緑ばかりの鬱蒼とした場所には、真っ赤な花なども似合いそう。

しかも近年、続々と発表される新種のインパチェンスは、今までのインパチェンスのイメージをくつがえす知的美人ばかり。
私が好きなのは、バラそっくりの八重咲き品種。また、一重咲きでも、絞り模様や深紅のベルベット色など、大人っぽいニュアンスのある色が素敵。これは他の植物との組み合わせで、イメージが変わります。

インパチェンス インパチェンス
八重のインパチェンス


園芸家の本懐とは、単純な花でも、上手に育てて美しく演出し、みんなに見てもらうこと。では、ないかしら。インパチェンスを、葉の美しい植物と寄せ植えして、皆がハッとするようなおしゃれな花に格上げさせたいと願っています。

インパチェンス
インパチェンスの寄せ植え

●インパチェンスで寄せ植えを。
1: 購入時の鉢より4〜5倍は大きめの鉢を用意。鉢が小さいと乾燥しやすいし、秋には購入時の5〜6倍の大きさになるので、大きなほうが長く楽しめます。寄せ植えで相性のよい植物は、ホスタ、リシマキアなど。やはり水が好きで、主に半日陰〜日陰を好む、葉の美しい植物がベストです。寄せ植えの花はインパチェンスだけに絞ったほうがすっきりします。
2: 水はけのための鉢底石は入れず、配合済み培養土に緩効性肥料を入れて隙間なく土を株間に入れます。
3: 植え付け後、地表が乾いたら必ず水を。水が大好きなので夏の乾きやすい時期、朝晩の灌水が間に合わない時は、鉢の下に水受け皿を付けて、朝だけでも水を溜めておくと安心。ただし、いつまでも水が溜まっているような環境では根腐れを起こす可能性があるので注意。置く場所は、真夏は明るい日陰がベストで、夏の直射日光や西日は苦手。霜が降りるまで花が咲くので定期的な施肥をすると、花がたくさん咲いて肥料のやりがいがあります。

●その他の注意
花殻摘みはマメにしたほうが次々に良い花を咲かせます。夏の終わりに株が大きくなりすぎていたら、1/2〜1/3ほど切り戻しを。また、わき芽がでてこんもりと大きく咲きます。そのときも随時、即効性の液肥を与えると花つきがよくなります。
吉谷桂子のガーデニングブログ

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。