1. アイリスガーデニングドットコム
  2. マイ・プランツ・オブ・ザ・マンス
  3. 2002年10月 多肉植物
マイ・プランツ・オブ・ザ・マンス

2002年10月 多肉植物

多肉植物 多肉植物
succulents
挿し木でハンギングボールを作ってみました。
これで、オアシスに挿して2週間程度、まだ水を与えていません。

朝夕の気温がすっかり下がり、長袖の洋服が着たい時期が来ると、園芸家は本当にホッとしますよね。やれやれ、この厳しかった夏を、何とか乗り越えた大事な植物(私の場合は英国産のギボウシや北米産のカエデ類)が元気に生き残って良かったなあと胸をなで下ろしています。

でも、うっかり失ってしまったのは、一部の多肉植物と宿根草。余談ですが、宿根ビオラはやはり難しい。エリンジュームなどは、一年草も同然。レアなヘデラ・ヘリックスも枯らしてしまった。あ〜あ。でも、ヨタヨタになりながらも、生き残っている大方の多肉植物は、故郷の気候と、かなり違うのにもめげず、けなげで可愛いですねえ。

タペストリー
成長が遅いこと、色彩の微妙さなど、多肉植物の特徴を生かして、
タペストリーを作ってみました。

さて、トゲのあるのは、サボテン。トゲがなくて、文字通り葉っぱが肉厚な植物を多肉植物と呼びます。
なぜか私、トゲのあるサボテンには興味が持てず、するすると肌触りのいい多肉植物ばかりを愛しております。5〜6年前、英国から挿し木状態で持ち帰ったアエオニウムも、現在1メートルほどに伸びきっているものの、未だ健在。色と形の美しさは永遠不滅のように感じられます。(花が咲けば寿命と言われています。その前に挿し木をします)

中央がエケベリア・プリドニス、左右のピンク色がエケベリア'高砂の翁'。
黒いのがアエオニウム'黒法師'
エケベリア、アエオニウム

しかし、この多肉植物、英国では「リビング・ジュエル(宝石)」などと呼ばれて芸術的な造形美が珍重されています。夏のイングリッシュ・ガーデンでは、少し大きめのエケベリアやアガベ、アエオニウムなどがコンテナに入れられたまま、庭のアクセントとして活躍。
でも実際の英国の気候、夏はともかく、冬は温室を持たなければ維持不能。ほとんど太陽が出ないのですから、普通の住宅では、寒さも手伝ってダメにしてしまいます。でも、日本は英国より、冬のあいだも太陽光線が豊富なのと、どうも好事家が多いのとで、多肉植物の手に入る品種が俄然豊富でおもしろいのです。
だから私...いつか宝くじを当てて広大な温室を建設し、多肉楽園を作るのが遙かなる夢。でも、今のところは我が家の多肉植物たちは春から秋はベランダ、冬の間は室内と移動を繰り返す住所不定の難民状態です。

といっても温暖化の昨今、現在私の住んでいる東京郊外は12月でも外気温が+7〜5度程度です。そのくらいまでは太陽の恩恵と風通しのよいアウトドアがベター。しかも、ある程度の寒さに当てることで美しく紅葉する品種もあるので、一概にすべての多肉植物を室内に運び込むわけにもいかない。だから毎日天気予報とにらめっこ。今日にしようか、明日にしようかと迷うわけ。なにしろ狭い我が家、植物に占領されて人間様の居場所がどんどん減ってしまう。
まあ、これから10月〜11月は多肉植物にとっても人間にとっても過ごし安い時期、精一杯太陽にあてて、その美しさに磨きをかけたいものです。

クラッスラ


'クラッスラ'火祭り'寒さにあたり、水と肥料を控えることで燃えるような美しさになる。


【Other information】
●用土=水はけと通気性のあるものを。市販のものならサボテン用の培養土。
オリジナルで作るなら、赤玉3、鹿沼土2、川砂4、腐葉土2、バーミキュライト2、くん炭1、程度。用土の種類の多い方が通気性などが長持ちする。

●施肥=ほとんどやらない。水や肥料のやりすぎでぶくぶくに太らせるより、コンパクトに育てた方が私は好きですが...。徒長したり、あまりにも痩せてきたら、上記の用土を使って植え直す。

●条件=夏に成長する夏型と、冬に成長する冬型とで、日当たり加減が異なりますが、基本的には太陽が必要。でも夏は西日の方角に斜光ネット。冬は、一日最低4時間は太陽の当たる窓辺で、時々窓を開けて風通しを。黒い色調の美しいアエオニウム'黒法師'は冬の間、たくさんの太陽に当たることで美しい黒さが得られます。なるべく直射日光を当てること。

●植木鉢で育てる場合=植木鉢で育てる場合=雨に当てない方が安全。でも、種類によっては大丈夫なものある。ともかく、水やりを忘れて枯れることは滅多にないけれど、水をやりすぎて枯れることあり。梅雨の時期はとにかく雨にあてない、直射日光も避けた方が安全。
吉谷桂子のガーデニングブログ

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。