今月の観葉植物

アイリスガーデニングドットコム
  1. ワイヤープランツ

今月の観葉植物

ワイヤープランツ

ワイヤープランツ

針金のように細い赤茶色の茎と丸くて小さい緑の葉が特徴の、とても可愛らしい植物です。 見た目よりもとても丈夫で、暖かい地方では、地植えで越冬することができるので、グランドカバーとしても利用できます。 ただし、乾燥にはとても弱く、水切れには特に注意が必要です

カテゴリー 観葉植物
科名 タデ科
原産地 ニュージーランド
耐寒温度 約0℃
生育適温 15℃〜20℃
まれに咲く

ワイヤープランツの年間栽培スケジュール

置き場所

日当たりのよい場所に置きましょう。耐陰性がありますので、半日陰の場所でもよく育ちます。
室内に置く場合は、できるだけ日の当たる明るい場所に置きましょう。
真夏は直射日光を避け、明るく涼しい日陰に置きます。

水やり

春〜秋は、土の表面が乾きかけたら、たっぷり与えましょう。冬は、控えめにします。
葉の乾燥を防ぐため、時々葉水を与えます。

肥料

生育期は肥料を切らさないようにします。春から秋に、化成肥料の置き肥を月1回か、規定の量で薄めた液肥を2週間に1回施します。

植え替え

鉢底から根がはみ出してきたり、排水が悪くなってきたら、植え替えましょう。
植え替えの時期は、5〜6月と9月が適期です。

増やし方

5〜6月か9月に、挿し木または株分けで増やすことができます。 挿し木
  • 1 葉のついた茎6〜7節を挿し穂にします。挿し穂の下2、3節分の葉は落とします。

  • 2 ゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】またはピートモスとバーミキュライトの混合土に挿し穂の下2、3節を挿し、水を切らさず明るい日陰で管理します。

  • 3 根付いたら、ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】で植え替えます。

株分け
  • 1 株を鉢から取り出し、古い土を落とします。

  • 2手で割くように、株を2つに分けます。

  • 3 鉢に植え替えた後は新しい葉が出るまで、風の当たらない日陰で水を切らさないように管理ます。

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。