今月の観葉植物

アイリスガーデニングドットコム
  1. ユッカ

今月の観葉植物

ユッカ

ユッカ

太い幹と、上を向いた細長い葉が特徴の観葉植物です。
その姿から青年をイメージさせるため「青年の木」とも呼ばれています。
葉だけでなく幹も上に伸びていくので、大株になってもあまりスペースを取らないため、室内のインテリアグリーンとしてもオススメです。

カテゴリー 観葉植物
科名 リュウゼツラン科
原産地 メキシコ
耐寒温度 約5℃
生育適温 15℃〜25℃
まれに咲く

ユッカの年間栽培スケジュール

置き場所

日のよく当たる場所に置きましょう。日当たりが足りないと、葉が弱々しくなります。
4〜10月は、屋外で日によく当てると、元気で丈夫な株になります。
冬は、窓際の明るい場所に置くといいでしょう。

水やり

乾燥に強い植物なので、水やりは控えめにします。
春〜秋は、土の表面が乾いてから、たっぷり与えます。
冬は、土が乾いてから数日後に与えます。乾燥気味に育てると、耐寒性が増します。

肥料

春から秋に月1回、化成肥料の置き肥か、規定の量で薄めた液肥を施します。
肥料を与えすぎると、生長しすぎて、樹形が乱れます。

植え替え

2年に1回くらいが目安です。鉢底から根がはみ出してきたら植え替えしましょう。植え替えの時期は、5〜9月が適期です。

切り戻し

下葉が枯れてきたり、樹形が乱れてきたら、長く伸びた部分を切り落とします。
切り落とした茎は、挿し木や水挿しに利用できます。

増やし方

挿し木
5〜9月に、挿し木または幹挿しで増やすことができます。
  • 1 わき芽のつけ根を、幹からえぐり取るように樹皮を付けて、切り取ります。 わき芽のつけ根を、幹からえぐり取るように樹皮を付けて、切り取ります。

  • 2 株の上部を切り戻すと、新しい芽が出てきます。 株の上部を切り戻すと、新しい芽が出てきます。

  • 3 挿し穂は、ゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し、明るい日陰で管理すると、2ヶ月くらいで発根します。 挿し穂は、ゴールデン粒状培養土【さし木・種まき用】または赤玉土(小粒)に挿し、明るい日陰で管理すると、2ヶ月くらいで発根します。

  • 4 暖かくなったら、一回り大きな鉢に、ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】で植え替えます。

幹挿し
  • 1 幹を好きな長さに切り出します。 幹を好きな長さに切り出します。

  • 2 切り口には、腐敗を防ぐため、草木灰や根腐れ防止剤などを塗ります。 切り口には、腐敗を防ぐため、草木灰や根腐れ防止剤などを塗ります。

  • 3ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】に、幹を挿します。 ゴールデン粒状培養土【観葉植物用】に、幹を挿します。

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。