花との暮らしにちょっといいもの

アイリスガーデニングドットコム
  1. vol.20 プランツラベル

花との暮らしにちょっといいもの

vol.20 プランツラベル

植物の名前を書いて立てておくプランツラベル。 近頃は、材質もデザインも豊富で、おしゃれなものが増えています。
ただの名札と思わないで! コンテナを素敵に演出してくれる名脇役なのです。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    木製やアルミにテラコッタ、 イギリス製の凝ったものから、自分で作った手作り品まで、 ずらりと並べただけでも個性豊かでワクワクします。
    コレクションしても、さほどかさばらないのも嬉しいところ。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    ラベル本来の役目が最も生かされるのが、 秋植え球根の寄せ植えを作った時です。
    球根をすっかり土に埋めてしまうと、さて何を入れたんだっけ?
    しばらくすると必ず忘れてしまいます。
    そんな私の救世主がプランツラベル。 記憶をつないでくれるのはもちろん、 春までちょっと寂しいコンテナを、楽しく飾ってくれる役目も担っています。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    ラベルのお手本、イギリスの花市場にて。
    プライスカードだけれど、この雰囲気が目標です。 黒地に白の手書き文字がさりげなくかっこよくて。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    そんなイギリス風のラベルを目指して作ったのがこちら。
    チューリップとムスカリの詳しい品種名と、植えた日付が書いてあります。
    とっておきの寄せ植えには、ラベルもとっておきで。 白やシルバーのマーカーペンを1本用意しておくと便利です。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    ちょっと珍しいテラコッタ製のラベルもあります。
    ガーデンショウで出展中のバラに使った例です。 見学する皆さんに分かりやすいよう、英語表記でなく日本語で。
    緑の葉群の中に、パッと目立つ色合いなのも助かりました。 文字は鉛筆で。消しゴムで簡単に消せるので、書き直して何度も使えます。 何で文字を書くかも、いろいろ試しておくといいですね。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    ラベルは土に挿すものばかりとは限りません。
    これは私のオリジナル?“ロック・ラベル”
    河原で拾った、滑らかで丸い石に文字を書きました。 冬の間、地上部が枯れて何もなくなってしまう宿根草の目印に。
    ただし、春が近づいてきたら、芽が出る部分にはのせないよう気を付けてください。

ポット苗に付いている商品ラベルをそのまま挿すよりは、 ひと手間かけて素敵なラベルに差し替えてみては?
小さなラベルの大きな存在感に、きっと気づかされるはず!

バックナンバー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。