花との暮らしにちょっといいもの

アイリスガーデニングドットコム
  1. vol.17 水やりツール

花との暮らしにちょっといいもの

vol.17 水やりツール

梅雨が明ければ夏本番! 今年もまた、水やりに追われる季節がやってきます。
皆さんはどんなジョーロを使っていますか?
重労働の夏の水やり。少しでも楽しく軽快にこなせるよう、 水やりツールにはこだわりたいものです。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    古いジョーロは、園芸の恩師から譲り受けたもの。
    私の道具の中で一番の宝物です。
    ものすごく大切なのですが、毎日遠慮なく使っています。 苦楽を共にして、今や分身のような存在に。
    小さな庭のアイ・キャッチャーとしても優秀なルックスです。
    きっと一生大切に持っていると思います。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    小さな鉢やハンギング用には、水差しも使っています。 もともとは安価なステンレスの中古品。
    リサイクル店で見つけて購入し、自分で白くペイントしました。 琺瑯のような雰囲気が出て、なかなか気に入っています。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    剪定枝をそのまま飾る花器としても重宝しています。
    門を開けると、まずこのアレンジが目に入り、 ちょっと寄ったお客さんにも楽しんでもらえます。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    最近、私も話題の雨水タンクを設置しました。
    私の庭には水栓が無く、今まで家の中からせっせと水を運んでいました。
    そのわずらわしさから解放され、どれだけ楽になったことか! 節水というよりも、そこに蛇口ができたことが嬉しくてなりません。
    水道代、時間、そして心にまで余裕が生まれ、 雨の日も何だかニヤニヤしています。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    私の水やりツールの隠し玉、“オリジナル柄杓”です。
    なんとコレ、雪平鍋なのです!
    焦がしてしまって台所から払い下げに。 余っていた木材や、パイプを再利用して柄にしました。
    バケツからガバッと水やりをするのに、これほど便利なものはありません。 柄の長さも2種類。 長いほうは、動かずとも奥の鉢までしっかり届きます。(ちょっとズボラですが)

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    市販のプラスチック製ジョーロはたくさんありますが、 なるべくデザインの素敵なものを選びたいですね。
    そのまま庭に出しっぱなしでも、素敵に見えると嬉しいものです。

お気に入りの水やりツールを使えば、 夏の水やりも楽しく手早くなります。
人も植物もご機嫌に!

バックナンバー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。