花との暮らしにちょっといいもの

アイリスガーデニングドットコム
  1. vol.11 ガーデニングノート

花との暮らしにちょっといいもの

vol.11 ガーデニングノート

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    みなさんは、植えかえや寄せ植えを作った時など、 その内容をどう記憶していますか?私は全てを頭の中だけで覚えていられません。
    特にすっかり埋めてしまう球根などは、確かチューリップだったけれど、果たして何色だったかしら?何個だったかしら? 開花を待つ間、必ず悩んでしまうのです。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    そこで数年前からガーデニングノートをつけています。
    愛用しているのは、少し小ぶりのスケッチブック。 真っ白な紙面に自由気ままに書けるのが気に入っています。
    色を塗る事はもちろん、紙が厚手で丈夫な点もメリットです。 日付やレイアウト、品種名から使った土まで、どんどん書き込みます。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    この冬、ある寄せ植えから覚えのない葉が出てきました。
    シックな濃い紫のオキザリスです。
    早速ノートを探してみると、球根を実験的に植えていた事が判明!
    自分ではすっかり忘れていたので、すごく得した気分でした。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    自分だけの資料ですから、簡単な走り書きで十分。
    キチンとまとめなくても構いません。
    その後も結果を一言追加していく程度なので、
    観察日記よりも楽に続けられます。

  • 花との暮らしにちょっといいもの

    ノートを見返して、予想通りに咲いていたりすると、「やった!」。
    でも実は、予想外の結果が出た時のほうが大切なんです。
    事実をしっかりと書きとめて、来シーズンへの参考にします。 処分したものなども記録しておくと、意外と役に立ちますよ。

よかった苗や用土をまた購入したり、失敗した植物に再チャレンジしたり、
記録していたからこそ出来る事は案外多いものです。
この積み重ねが、ガーデニング上達への近道かもしれません。

バックナンバー

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。