今月のお花

アイリスガーデニングドットコム
  1. バラ

今月のお花

バラ

バラ

「花の女王」とも呼ばれるバラは、その花の色、形、香りのどれをとってもその名にふさわしく、多くの人を魅了し続けています。

フェンスに絡ませたり、アーチやポールに仕立てると、魅力がさらに引き立ちます。

どのように仕立てるか考えることこそ、バラを育てる醍醐味でしょう。

  • カテゴリー:落葉低木
  • 科名:バラ科

病気や害虫の被害を受けやすく、とても手が掛かるイメージですが、もともとの性質は強健です。
しかし、良い花を咲かせるためには、やはり手入れは欠かせません。剪定、施肥、病虫害など、ポイントをしっかり押さえて管理しましょう。

年間栽培スケジュール

置き場所

よく日の当たる、風通しの良い場所に置きましょう。

水やり

庭植えの場合は、乾燥がひどくない限り不要です。
鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。ただし、冬季は控えめにします。

肥料

多肥を好むので、2月に寒肥として、完熟堆肥と牛糞か鶏糞を根元に施します。
また、5月と8月には、油粕と化成肥料を等量に混ぜたものを200〜300gほど与えます。

植えつけ

植えつけ時期は、1月〜3月上旬、または、11月〜12月です。
大きめの植え穴に、完熟堆肥や腐葉土などをすき込んで、やや高めに植えつけます。
植えつけ後は、根元にワラを敷いて乾燥を防ぎます。

開花後の管理

花の盛りが過ぎたら、3枚葉(3枚の小葉がついている葉)と5枚葉(5枚の小葉がついている葉)の間で切ります。

イメージ画像

整枝・剪定

1月〜2月上旬に行います。
四季咲き大輪系や中輪房咲き系は、思いきり切りつめます(強い剪定)。
一季咲きやつるバラ系は、枝半分くらいを残して切りつめます(弱い剪定)。細枝やふとろこ枝は、随時切り取ります。

イメージ画像

病虫害

病害は、うどんこ病が春から秋にかけて発生しやすく、炭ソ病や黒星病も発生します。
虫害では、アブラムシに対して常に注意が必要です。カイガラムシも発生します。

check!

ガーデンセンサーライト特集

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。